...さて、前回から時間が経ってしまいましたが。続きいってみましょう。

2人でやむなく手放した最初の家。その代償に得たものが、大きいうちと会社の通勤にゆうに2.5時間はかかる事。(しかも車だから大変!)当初の計画では移ったエリアのローカルの会社で働くはずだったが、中々うまくいかず断念。

産休も終わり、会社に復帰してからは、家族の団欒はほぼナシに等しい。

朝は5時半起床。丹夜は8時9時、日によっては10時に帰宅。帰宅後、1~2時間以内に夕飯・子供の入浴・子供の次の日のお弁当作りを完了と、次々とこなさなければいけない。

はっきり言って疲れました。自分にエールを送りたい!鍊

...話はちょっと脱線しましたが、ある日、2人でじっくり話し合い(それまでは話し合う時間さえなかった。。。)でた結論は、「もう一度、マイホーム建築の夢に向けて、一から出直そう。」でした。

2人で検討した結果、2人になじみのある土地に戻る事に決め、まずは住むところを探し始めました。それから1年後に、住んでいた家を売りに出し、会社の近くにあった貸家に引越し。
本格的に夢のマイホームに向けて再スタート!

引越しから1年は本当に“土地”探しにくれました。
週末は車で、土地めぐりツアーをしました。そして、やっと見つけた土地。

なんと、一番最初に買ったうちの近くでした。回りまわって、元の位置に戻ったという感じです。嶺何はともあれ、ようやく再スタートにこぎつける事が出来たには出来たのですが...


次回は夢のマイホーム建築“Dead End”(行き止まり)編をお伝えします。お楽しみに。と言っても内容的に楽しくないか...蓮