おはようございます。と言っても、もうお昼近くですが。

最近、子供達は(特に次女の恭湖)日本語と英語の違いが何となく分かって来たようです。お姉ちゃんの歩はよく「~って日本語でなんていうの?」と聞いてくることもあったので感心していましたが、どうやら恭湖も分かってきたみたいです。親としては嬉しい限りです。ハイ。鍊

夜、寝る前にチョット前までよくせがまれていた本が、あいさつに関する本でした。寝る前は「あやすみなさい」朝起きたら「おはようございます」人と会ったら「こんにちわ」などなど...結構楽しいみたいで、ママの後について言っておりました。

...先日、知り合いの人が、仕事帰りに用事の為、家よっていきました。(この方はアメリカ人ですが、日本語をよく理解されております。やはり、ご主人が日本の方だからでしょう。)

色々と話し込んでしまい、あっという間に彼女のご主人の帰宅時間になってしまいました。

それではまた。という雰囲気になりや否や、次女の恭湖は「いってらっしゃ~い!」と元気良くごあいさつ。

一瞬、恭湖が何語をしゃべっているのか分からずポカ~ンとした後に、大笑いしてしまいました。子供達は人が去る=いってらっしゃ~い。の方式が出来上がっていた様子。

今度からは、説明する時にもっと詳しい内容を含めてあげようと反省してしまいました。