ここの所、こちらカリフォルニアは、はっきりしない天気が続いており、半袖の服を着たかと思うと、あわてて暖炉の火をつけるといった具合です。

昨日は、実家からのウレシイ小包が届き、3人でワクワクしながら開けました。

母に頼んでおいた書類等と一緒に、子供達へのプレゼントも入っており歩も恭湖も喜んでおりました。

“どうも有り難うございました。”

2人は、大~好きな、月刊誌“小学館の幼稚園”や“ベビーブック”の表紙を見た途端、開けたくて仕方なく、はさみを探し回っておりました。(紐で結んであったので)

早速、付録を作ろうと、張り切ったのはいいが、結構大人でも説明を読んで組み立てないと難しい内容のもので、結局、ママが奮闘の末、完成!鍊

付録の一つである、お勉強ブックは歩のお気に入り。

鉛筆片手に、頑張っておりました。

字が読めなくても、質問の意図が分かるらしく、線で結ぶ問題やシールを使って字やアルファベットを完成させる問題は前全問正解しておりました。

ビックリしたのは、幼稚園の付録にちょっとしたDVDが入っていた事。

最近の付録は凝った物が多いけど、DVDが付くとは思いませんでした。

トータルで10~15分だったと思いますが(もっとあったかな?)、なんとセサミストリートのエルモが英語の歌を紹介する時は、2人とも大はしゃぎ!

と言うのも、このエルモが話している言葉は、全て英語。(日本語の字幕つき)

言ってる事が分かってウレシイ半面、日本語のDVDに、何でエルモが出て来たのか、困惑してもおりました。

...早くもパパが不在の状態が1週間。

そんな時に受け取った、おじいちゃん・おばあちゃんからのプレゼントはとっても嬉しかったようです。

パパからの連絡によると、あと1~2週間で一時家に戻れるようです。

それまで、親子3人ガンバネバ!秊