ここの所、引越しの準備も一段落した事もあり、子供達と一緒に遊べる時間が出来たので恭湖の勉強への意欲が増して来たようです。

以前は何を聞いてもトンチンカンな答えで、いっくらママやお姉ちゃんが説明しても訳が分からず“オモシロクナイ”と思っていた事も、今では少し“考える”という事を身に着けてきたようです。

今では上の絵の数を数え、その数字と同じ数字にマルを付ける事も出来るようになりました。

ただ落書きしていた迷路の問題も、ちゃんとスタート地点からゴールまで途中でやり直しながらも辿り着くことが出来るようになりました。

一時はどうなるか、と思っていた位に落ち着きの無い次女・恭湖。

実は彼女なりに、着実に一歩ずつ前に進んでいるのだと再認識したママでした。

最近は、「ご飯食べないとお勉強出来ないんだからね。」というと、急いで夕飯を食べるお茶目な恭湖です。秊

一方、今年の秋に幼稚園に上がるお姉ちゃん・歩は幼稚園の教材では物足りないようで、恭湖の先生もしてくれるいいお姉ちゃんです。(辛抱強く教えています。)

そんな恭湖も、難問にぶつかると、「チョットむずかしい。」とちゃんと日本語でママに言ってきます。


頑張れ恭湖!