最近、母親の私から言うのもなんだけど、子供達の日本語の理解力が飛躍的に伸びている気がする。

やっぱり、2ヶ国語はキツイカナ~と思っていたけど、意外なことに子供達はすんなり受け入れてくれているようです。

今では大好きなカルタも上手に取れるようになりました。特に次女の恭湖は字の書いてあるカードを見せると、何の絵を探せばいいのか暗記している字もあり、すぐに探してきます。

以前は、英語と英語の間に日本語の“単語”が入っていたのに、今では2つの単語を繋げて文にする事も出来てきました。

「お母さん、何してるの?」

「ちょっと待って。」

「そうじゃないでしょ。」

「お母さん、おなかすいた。」...などなど

まだまだ日本で生活している子供達とは比較にならない位少ないボキャブラリーですが、彼女なりに一生懸命がんばっているようで、感動のママです。