4月25日(火) 

昨夜の遅い就寝もあって、一家揃って寝坊。

昨夜石鹸で髪を洗ったせいでママの髪はブラシが通らないほどゴワゴワになってしまった。輦

個人運営のモーテルなので、当然コンチネンタルブレックファーストなどは無く、仕方が無いので、移動中に食事が出来る所を探す事となった。

ガソリンを満タンにし、再びI-40に入り少し走ると、町らしき風景になり、ここでブランチを取ることに決定。

問題は、家のヤカマシイ姫達を受け入れてくれるレストランがあるのか...

ママとしては、折角だから、ファーストフードは避けたい。パパは、空腹で何処でもイイ状態。

フリーウェイを降りてみると、結構食べる所がある。その中で1つ入ってみたいと思ったのが、こちらの“The Hungry Bear”レストラン。殮



シンディーをトラックの後ろに移動し、お水とクッキーをあげる。木陰なので、暑さからは逃れられるからOKでしょう。



レストランの中は、意外に空いていて(と言っても平日の10時11時はみんな働いているか。)この分だと家のヤカマシイ姫達もOKでしょうと安堵するパパとママ。

一同、朝食メニューからオーダーし、ホッと一息つく。


      
    


パワー全快の恭湖は相変わらずのハシャギ振りでした。

     

ママのオーダーしたのは、ワッフル+エッグ+ベーコン。鍊



ワッフルのクリスピーがとってもGOOD!パパは、珍しくエッグを平らげておりました。


お店の人はとても親切で、私達が車を停めてシンディーを休ませているのを見ていたようで、「ベーコンとお水でもあげようか?」と言ってくれました。最初は気が引けて「結構ですよ。」と言ったが、2回目に言われた時は、(彼女はきっと犬が好きなのでしょう。)お言葉に甘えるようにしました。

シンディーにお水とベーコンをあげて帰ってきたお店の人は、シンディーの良い子振りに感心しておりました。(姫君の行動で受けたリーク家のマイナスイメージがプラスに変わった瞬間を感じましたよ。ママは。)


食事の後は、再びI-40に乗り、行ける所まで走る。

途中、トイレ休憩+レフレッシュを取り、夕方にチョット早い夕食を“Sonic”(ファーストフードレストラン)でテイクアウト。“Sonic”はLAでは見たことが無い位で、テレビの宣伝を見る度に「一度は食べてみたいなあ~」と思っていたお店の1つ。



早速、近くに車を停めていっただきま~す。

     



恭湖は相変わらずハシャイでいました。


ガンバッテ運転した甲斐あり、アリゾナ州をまたぎ、2日目はニューメキシコ州の“Gallup”で宿を探す事に。

旅の途中でゲットしたモーテルのクーポンブックで各モーテルを見比べ、決めたのがこちらの“Travelodge”。


     

外観の写真は3日目の朝に撮ったものです。



ママが手続きをしていると、担当の人が色々と確認してくる。話の流れで、カリフォルニアからノースカロライナに移動中という事を言うと、担当の人は、「軍の人ですか?」と何処から見てもアジア人の私に聞いてくる。

話を聞くと、どうも軍人の移動でカリフォルニア州からノースカロライナ州への移動は頻繁にあるそうです。

話が弾んだせいもあり、少し打ち解けてきた。持参したクーポンとAAA会員割引とどちらがお徳か聞いてみると、クーポンの方が断然お得と教えてくれた。

クーポンを使い、犬の宿泊代($8)を足して合計が約60ドルでした。

部屋に入るとこんな感じです。


          

シンディーもくつろいでくれましたが、Day1、Day2とあまり食欲が無いようです。




Travelodgeのお風呂はタブがあってお湯がはれるので、恭湖も喜んでお風呂に入ってくれました。

お風呂上りの姫君。

     

    

子供達がお風呂に入っている間に、パパは近くでビールとおつまみを買って来てくれたので、「乾杯」して旅の疲れを癒しました。 もちろんゴワゴワの髪をしっかりシャンプーしたママであった。