4月28日(木)

朝起きてみると少し肌寒かった。丹
一同まだ眠いがベットにサヨナラして車に荷物を詰める。

パパはシンディーをトラックの脇に縛りお水とクッキーをあげる。

一同揃った所で、ロビーに用意されたコンチネンタルブレックファーストへと向かう。

こちらのブレックファーストは本当に簡素な物でした。用意されていたのは、シリアル・ドーナツ・マフィン・パンでした。(な~んかスナックじゃないの?)と思ってしまうくらいのものでした。

注)甘い物好きの多いアメリカではドーナツを朝に食べることは珍しくありません。甘いのが苦手なママは苦労します。


   
ドーナツを選んだ歩



シリアルを選んだ恭湖
寒かったのか、恭湖はジャンパーのフードを被って食べていました。




まだ眠気が残っているパパ




ママの選んだのはバナナナッツマフィンとコーヒー


車に向かう途中、空を見るとなんだか雲行きが怪しい。ママは心の中で“雨にならないといいな~”と思いました。




朝のコーヒーで幾分目が覚めてきたパパとママは再びI-40にのり、旅を続行!

ハイウェイを走る事3時間。簡単すぎた朝食に早くもお腹が空き始めるリークファミリー。

トランシーバーでパパがお昼について聞いてくる。ママのお腹はなぜか「BBQ(バーベキュー)が食べたい!」と言ってくる。パパにBBQを提案すると、パパも賛成との事。本日のリーク家のお昼はBBQに決定!

...とは言ったものの、本当にBBQを食べれる所があるのかしら?と思っていると、あるある大きな看板に“BBQ”の文字が。

早速I-40をおり、BBQレストランへと向かう。








中に入ってみると結構な混み具合。フロントに人数を伝えた時点で“この分だと待たされるかな?”と思ったら、すぐに席に通してくれました。

人が多いので写真を撮るのがためらわれたが、フラッシュ無しで撮ってみました。



ママのオーダーはBBQポーク+オニオンリング+ベークドビーンズ(お豆の煮込んだ物)



ポークは口の中で溶けていくように柔らかくジューシーでした。
口の中でスモーキーな香りが広がり何とも言えない位の幸せを感じました。


お豆は子供達の大好物で、写真を撮ろうとした脇から恭湖に持って行かれてしまいました。

パパがオーダーしたのはBBQポーク+オクラのフライ+ベークドビーンズ(お豆の煮込んだ物)



西海岸では見ることの無いサイドメニュー“オクラのフライ”。
試食してみたら結構おいしかったです。
BBQポークの美味にパパも大満足でした。


子供達はお子様メニューからBBQリブ+フレンチフライをオーダー。





子供達もおいしそうにBBQを頂いておりました。



お腹も満たされたし、残り半日頑張っていこう!と再びI-40にのるリーク家。

途中、トイレ休憩・リフレッシュをとりながら、アーカンザス州からテネシー州に入る。(ノースカロライナ州はテネシー州のお隣です。)

テネシー州に入って直ぐにあるのがミシシッピ川。
そのミシシッピ川のすぐ隣に位置するエルビスプレスリーで有名な“Memphis=メンフィス”。とてもステキな景色でした。

しかしI-40はミシシッピ川の上に架けられたブリッジを走るので高い所の苦手なママはハンドルを握る手がブルブルしました。

是非機会があったら、ゆっくり訪ねてみたいと思ってしまった町並みでした。

メンフィスを抜け(ここが旅で一番ややこしい立体交差のハイウェイでした。I-40をキープするのが一仕事でした。)何処に泊まるかをトランシーバーで話し合うと、もう1つの都市“Nashville”はきっとMemphisのように道が入り組んでそうだから、Nashvilleの前か、過ぎた後にしようということになった。

走っていると、段々辺りが暗くなって来て、旅の疲れと、この旅も上手くいけば後一日で終了という安堵感もあり、Nashvilleの前で宿を探す事にしました。

クーポンブックを持っているママにパパはトランシーバーで宿を探せと言ってくる。夜の運転+クーポンブックのチェックは危ないな~と思いつつも、辺りがな~んにも無いのでI-40を降りる事すら出来ない。

何とかチラッとクーポンブックを流し目でチェックしては運転に戻りを繰り返して見つけたモーテル。お馴染みのDays Inn。

場所は“Hurricane Mills"。フロントでチェックインを済ませ、部屋に入ると...

匂う。この匂いは...

タバコだ!

2度に渡り、フロントに禁煙でお願いしたのに喫煙の部屋を案内された。(ママは結構カーッとなっていた。)

クーポンブックには“Quiet(静か)・Clean(きれい)・Excellent Service(質の高いサービス"と書いてあったのに...なにこれ?

怒ったママをなだめつつ、内線でフロントに先方の間違いを知らせる。

モーテルとやり取りの後、仕方なく床に置いた荷物をまた持ち上げフロントに向かうべく部屋を出ると、向こうから係りの人が来て、禁煙の部屋へと案内された。

入ってみて思ったのは、さっきの部屋の方が綺麗だったというかマシだった。今まで見て来たDays Innの中で一番管理がなされていない事が分かる。二度とこのモーテルに来る事は無いだろう。練

荷物を降ろし、幾分腹の虫も収まり、今度はお腹が空いてきた。

モーテルの近くには結構ファーストフード店が連なっているので、パパがシンディーの散歩がてらに調達してくれました。(昨日の事件も考慮して。)





パパが買ってきてくれたのは、Arby'sというファーストフード店で、バーガーセットをパパ。サラダがママ。キッズメニューからチキンコンボを姫君に。











朝アーカンザスのモーテルを出るときに不安がよぎった天気でしたが、曇り→晴れ→曇りの連続の天気ではあったが、雨に降られること無く過ぎました。

何はともあれ、このアメリカ大陸横断の旅も終盤を迎えた事もあり、
ホットしたDay5でした。