4月29日(金)

朝起きると昨日同様、少し肌寒い。丹
部屋を出る前に、パパと日程をチェック。
“出来れば最終地に着きたい。”と語る。

モーテルではコンチネンタルブレックファーストが出たが、昨日のことも在って、パスする事にした。

取り合えずI-40にのるリーク家。

どういうわけか、I-40のあちらこちらで工事中の為、大幅に時間ロスが生じた。

I-40は対向車線との間が空き地のように舗装されていないエリアで、時折ちょっとした両者間を行き来出来そうな道のような箇所が出てくる。

ビックリしたのは、あまりの渋滞で(しかも通勤時間帯でした)、遅刻を恐れてか、抜け道を知っているのかはわかりませんが、いきなり目の前で、そのちょっとした道を折れて、なんと反対車線に入って去って行ってしまった。

...あぶないな~。と思ったが、対向車線は空いていたので大丈夫でした。玲


途中、ガソリンを入れにガスステーションに行くと、バイカー達が集まっている。(しかも結構いい年した人たちです。)きっと趣味で乗っているのでしょう。

あまりバイクを見る機会が無かった姫君は興味心身の様子。

それと同時に幾分お腹も空いて来た様で、昨夜の残りのチキンをパクパク食べ始める。


      






旅の途中で歩が教えてくれたのは、たまたま歩のバックパック(子供用スーツケースのような感じ)に入っていたおじいちゃん・おばあちゃんから貰ったメロディー付きの歌の本を、トラックが揺れた拍子に、バックの上から触ったら音が鳴り出し、えらく気に入ったようで、ズーット歩のバックを押しては同じ歌を繰り返し聴いていたそうです。結構かわいいシンディーであった。鍊


ガソリンも満タンにし、姫君のお腹も満タンにし、再びI-40にのる。

走る事3-4時間。そろそろパパもママもお腹が空いてきた。
お昼の予定をトランシーバーで確認していると、I-40沿いに幾つものレストランが見え始めてきた。

ママとしては、昨日BBQを食べたにもかかわらず、折角テネシー州にいるんだから、テネシーBBQを食べてみたい衝動に駆られた。

...が、降りた所にはBBQのレストランは無かった。聯

レストラン街を少し走ると、チャイニーズの(中華)バッフェレストランが見えてくる。(段々気分がチャイニーズになって来たママ。)

パパも異議無しという事で、早速車を止めて、シンディーをトラックの横に繫ぎ、レストランに向かったリーク家。

中に入っていくと、マネージャーらしき人が食事をしているだけで、みんな忙しそうに準備をしている。確か看板は“OPEN”だったよな~と思って、従業員に聞いてみると、確かにオープンしてるそうです。

一同まず席に着き、パパは歩を連れて、ママは恭湖を連れてバッフェに向かう。




なぜか料理の中に“ピザ”もありました。???



それぞれ好きな物をお皿に取り、席に戻る。













姫君がジュースを飲みたいと言いだしたので、ウエイトレス(多分2世中国人)を呼ぶと、何と面倒くさそうに「What do you want?」と聞いてくる。

キレハジメタママを察知したのかパパは「子供達にオレンジジュースを下さい。」と頼む。

ウエイトレスが去ると同時にママは爆発。念
しかも怒りの矛先はパパに。あまりの怒りに今までおいしく頂いていた料理さえ不味く感じるしまつ。マネージャーと話すと意気込むママをなだめるパパ。ハッキリ言って、アメリカ在住10年でこういう横柄な口をきくウエイトレスを見たことが御座いません!

パパは、「とにかく早く食べて店を出よう。」と言うので仕方なく従いました。

機嫌を取り直し、店の前で後半の予定をたてるべく地図を見るとと、これからが旅最大の難関Great Smoky Mountainの“山越え”(テネシー州とノースカロライナ州をまたいでいる。)

心機一転、心の準備をしながら、再びI-40にのる。いざ山道に入ってみると2車線あって、1車線(右側)は遅い車(トラック)用で時折、重量チェックポイントが設けられていた。

それだけではなく、所々にスピードチェックのシステムが設けられ、近くまで来ると、スピードを察知して、車線の上に設置された信号機に似たような物が制限速度以内だと青を表示する。(全ての箇所をクリアーしたので、もし制限速度以上だったらどうなるのかは分かりませんが。)左の車線で結構飛ばしている車も、急に速度を落とすので事故にならないといいな~と何度も思いました。

事前に覚悟していたこともあり、思ったより苦にならなかった“山越え”でした。

そしてついにたどり着いた“ノースカロライナ州”!
ココまで来ると、達成感がこみあげてきました。
しかし、ノースカロライナ州は横に広いのでまだまだ先は長い。

途中トイレ休憩を取りながらも夜中近くに無事旅の最終地に到着!旅

後日記録にと写真に収めたトータルの走行距離です。(2マイルはストレージに行った時に出来た追加分ですので、実質は2700マイルです。)




インターネットで換算してみると、
2 700mile = 4 345.228 8km
と出て来ました。



パパの仕事の関係で、これからパパの仕事場(Ramada Plaza Hotel)の隣にあるRamada Plaza Hotelが運営しているモーテル“Knights Inn”のスイートルームでの生活が始まるのであった...

モーテルスイートはこんな感じです。殮


リビングルーム兼ダイニングとなる部屋




パパとママの寝室





子供部屋








シンディーもきっとホッとした事でしょう! 聾





見てのとうり、家具が設置されているので、リーク家の家具は全てストレージに行く事に。


運良く、天気に味方をしてもらい、無事目的地に着いたリーク家。

コレからが、見知らぬ土地での生活の始まりで、期待半分・不安半分といった所でしょうか。劣