2006年06月14日

アメリカの掃除機

カリフォルニアからアメリカ大陸横断なる大引越しの時に、荷物になる為、処分してしまった掃除機。

引越しのドタバタであまり気付かなかったが、犬の毛の生え変わる時期もあって、カーペットに毛玉が目立ち始め、ハッと掃除機を買わなきゃモードになった。

子連れでのお買い物は本当に大変!幾つかの掃除機を見比べて決めたのが、セールの商品。通常129ドルがセールで115ドルでした。

こんな感じです。メーカーは変わっても、アメリカの掃除機はこの種の物が主流です。



Blog vacume.jpg



Blog vacume 2.jpg


真ん中のところがロックを外すとパカッと取れて、ゴミを処分できるバッグレス式のもの。


Blog vacume 1.jpg


付属品に小型の掃除機があり、本体のホースから接続できるので、
子供達も小型掃除機で自分達の部屋の掃除をしてました。


Blog Vacume 3.jpg




余談耳耳

買ったのは午後で、家に帰って早速“お掃除・お掃除”と開けたらコードを引っ掛ける所が壊れている!

夜にお店の「返品・取替え所」にいきレシートを見せて説明したら、中身を見もしないで「勝手に同じ掃除機を取ってきて、ココにまた来て。」と言われた。

セール商品だったけど、まだストックが在り同じ掃除機を選んで、再度「返品・取替え所」の係りの人に見せると、レシートと商品のバーコードをスキャンして「OK」だって。

な〜んか拍子抜けしたExchange(商品交換)でした。しかし、中身を確認しないで交換に応じる店に驚きました。(もし中に箱に記している物と違う物が入ってたらどうするんだろー???)と思ってしまいました。



posted by レインボーママ at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | Living in America
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

掃除なら掃除先生!
Excerpt: カーペットやフローリングの掃除方法 困っていませんか?掃除先生では、床の掃除の仕方の他にも、カビ対策・エアコン掃除や重曹掃除の方法など、住まいの掃除の方法・裏技がいっぱいですよ!
Weblog: 掃除先生。
Tracked: 2006-08-31 13:47


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。