8月3日(木)

つい2-3日前に、あまりに荒れ果てた恭湖の髪を見て、「泣かれても、こんがらがった髪を何とかしなくちゃ。」と、立ち上がったママ。

ネットで子供を専門に扱っているサロンを見つけたのですが、このボサボサ頭ではちょっとね~。サロンでもきっと嫌がるでしょう。念

泣かれるのを覚悟で恭湖に説明しました。(恭湖にサロンの華やかなウェブサイトを見せたら、すぐに行く気になっちゃいました。)

ママ:「恭ちゃん、この間ママが髪の毛を切ってくれるお店をインターネットで見たよね?」

恭湖:「ママ、Let's go!」早くも行く気であった。鍊

ママ:「恭ちゃん、お店の人がさ恭ちゃんのボサボサの髪を見たらビックリしちゃうよ。だからママが、少しきれいにするけど我慢できるかな...?」

恭湖:「じゃあママがカットしてくれる?」

ママ:「ママね、恭ちゃんの髪はクルクルってカールしてるからカットするの難しいんだよ。」

恭湖;「...」段々不機嫌になってくる。

ママ:「ママが恭ちゃんの髪をキレイにしている間、お菓子あげるから...さっ?」

恭湖:いうまでも無く即同意しました。

...歩のようにストレートな髪だったらママがバサッとカットしてあげれるのですが、恭湖はなぜかテンパが軽~く入っていたりする。(一応歩と恭湖の父親は同じ方です。)


...というような会話が御座いました。

時は変わって、本日のお昼ご飯。恭湖は例の如く、勝手に冷蔵庫からご飯とあまったチキンカレーを取り出し、器に盛り始めました。

ママ:「恭ちゃんカレー食べるの?」

恭湖:「うん!」

レンジで少し温めて、食べ始めました。

ところが、しきりに自分の髪を触りながら、「I am Curry hair! 」と何ともヘンテコな文!?

ママ:「恭ちゃん、何が言いたいの?カレーオイシイ?」と聞いてみると、

自分の訴えたい事を理解してもらえないだけではなく、全く違った方向へと転換しているママに“フラストレーション”を覚えた恭湖。念


雄叫びスタート!本当にキンキン声を発します。家の姫達は。

ビックリしたママは、焦って恭湖の『言いたい事』らしき文を考えましたよ。

ママ、頭の中で連想ゲームスタート!說

ママの努力を尻目に、ガンガン同じ文をリピートする恭湖。輦

そして思いつきました!裂


 “カールド・ヘアー” 


そうだったのです。恭湖は以前ママとした会話で使った『カールド』を自分の知ってる言葉に置き換えて記憶していたみたいです。チョット苦しいが...蓮


どうにか恭湖のチョットした間違いを正して、和解の上、雄叫びストップ。ママ業も楽じゃあ御座いません。輦







姫のキンキン声で今も耳が変なママに



ご褒美クリックをお願いしま~す!