8月17日(木) 


昨日テレビのニュースを見ていたら、Breaking News=速報が入り、よーく聞いてみると、あのJonBenetちゃん殺害事件の犯人がタイにて逮捕されたようです。(MSNの日本語ニュースはこちら、MSNBCの英語版はこちら。)


犯人が捕まって、本当に本当に良かった。と思いました。DNAの確認が取れたようだし、本人も自供しているようなので、確実でしょう。鍊



でも、母親として子供がらみの事件を聞く度に胸が痛みます。こういった類いのニュースが無くなればいいのに!と思いました。



以前ロサンゼルスに住んでいた時は、心配性の主人が、過去に性犯罪を犯した(レープ・幼児イタズラ...)犯罪者の地域別居住マップのリンクをメールで送ってくれたので、見たんですが、すごかった。



まさが我が家のご近所さんに、以前性犯罪を犯した人がいるではないですか!(色々なデータが見れますので、幼児に関する犯罪者の写真を歩に見せて、「この顔の人がいたら近付いちゃダメだからね!」と教えたのですが、数が多くてママでも覚えられませんでした...汗)蓮



今朝、『ノースカロライナにはそんなにいないだろう。』と見てみたら、(ジップコードを元に)確定した『性的犯罪者』は0でした。




が、登録されている方は、(登録されている方の情報から、“可能性が大の方々”と自分で解釈しました。)いるんです。ゴロゴロと。一瞬目を閉じちゃいました。「コレはウソだわ。まさか、この辺にそんな悪い事した人がいるなんて!」練




...でも、現実でした。殆どの犯罪者は、Correction=刑務所にいるので、新たな第二の人生の出発を我が家の近所でしないで欲しいと願います。



女性の方や、お子さんがいらっしゃる方は一度見ておいた方がいいのではと思い、リンクを2つ載せます。

North Carolina Sex Offender & Public Protection Registry

・開いたページに、ジップコード、市、郡のいずれかをタイプし、Statusを選択(Sexual Predator=性的犯罪者・Registered=登録されている...等など)して、下の“Search Registry”をクリックするとリストが出てきます。

Family Watchdog

・開いたページのステップ2に住所をタイプし、“Search”ボタンをクリックすると、自分のお家を拠点としたマップ(マップと言うのでしょうか!?)が出てきます。色の判別は左に記されています。マップ上のカラーのボックスをクリックすると、オフェンダーの情報(そんなに詳しくは無いですが。)が見れます。



ただ、どちらも情報の正確性を保証は出来ないので、あくまでも参考にということだそうです。


今日はチョット昨日のニュースの影響でくら~い『ママのひとりごと』になっちゃいました。輦


何か明るくなる様な出来事があるといいな~。と思ってしまいました。




<番外編>

昨日のクイズの答えですが、(昨日の日記はこちら。)




入金に行くとキャンディーをくれる。です!




なぜか、入金のときはくれるんですが、引き落とし(ランドリー用にコインをゲットしようとした時など。)の時は、シランプリでした。


銀行もげんきんなものだなぁ~と感心したママです。