2006年08月23日

せっかちな★恭湖★

8月23日(水)朝起きたら雨


昨日は、ちょっと曇っていたけどお外に行く用事があったので、全然ついででは無いが、また『Shelley Lake Sertoma Park』に行ってきました♪


今回は、湖の方へも足を伸ばしたので、『Shelley Lake Sertoma Park Part2』などで紹介したいと思います。


前回『Shelley Lake Sertoma Park』に行った時もそうですが、なぜかこの公園に行った後で、「雨に降られる前に行って良かった!」と思う。
(前回は、その日の夜が雨。今回は、今朝起きたら雨が降ってる。)ラッキーなのか偶然かは知りませんが。


...公園から帰って来て、休憩を取り、時計を見たら、


『そろそろ夕飯の支度をしなくちゃいけないが、2人はまだNap=お昼ねしていないしなぁ〜。まあ、作ってる間に寝ちゃっても後で食べるでしょう。』


...という事で、夕飯の準備を始めると、早速、歩が


歩:「ママ、何か手伝う事ない?」と聞いてくる。


ママ:「じゃあ、このご飯をワカメと混ぜ混ぜしてくれる?」
   (昨夜はみんなの大好きな『ワカメご飯』。)


すると、ママと歩の行動に興味を持った恭湖が、

恭湖:「私も何か手伝うー。」と言って来た。

ママ:「...たらーっ(汗)
   
(出来れば、この方だけには手伝って欲しくない。何か打つ手は無いかしら...b-orooro.gif そうだ!さっき作った“お味噌汁”の味見役!!)

ママ:「恭ちゃん、ママね、これあと少しで終わるから、チョット待っててね。そしたらお仕事あげるから。」


恭湖:「もう、何回言ったら分かるの!私はお手伝いしたいの!」


ママ:「...ハッ?

(最近このフレーズ“You don't understand!”−分かってくれない“How many times do I need to tell you?”−何回言ったら分かるの?...がお好きなようで、関係ない所でもいきなり使い出すので、ヒヤヒヤものです。)

ママ:「じゃあ、恭ちゃんが5つ数を数える間に、ママは今やってる事が終わるから、そしたらお仕事あげるよ。だから、5つ数を数えてね!」


恭湖:「Five=5


ママ:「エッ!?
   (どうも恭湖は、ママが単に“5”と言って欲しい。と思ったみたいだ。)


恭湖:「ママ、5を数えたよ。なに手伝って欲しい?」



ママ:「...恭ちゃん、数を数えるんだよ。5と言うのとは違うんだよ。分かる?1、2、3...て数えるんだよ。」


と、ママが分かり易く説明したにもかかわらず、返って来た返事は、






恭湖:「I don't like it!」 b-gaaan.gif 



ママが“すぐ”の意味を数字を使って分かり易く教えてあげようとしたのに、せっかちな恭湖は“近道”を覚えてしまったようです。 aicon364.gif

しかも、I don't like it.という事は、数を数えるのがイヤで、5と言ったって事??


最近、自分に不利なことがあると、わざと『聞いてない振りをする』技を身に付けた恭湖。b-gaaan.gif

ママがちょっとした間違えをすると、この時ばかりと「You are WRONG!=間違ってるよ!」と指摘するようになった恭湖。b-gaaan.gif




『歩がキンダー(幼稚園)に入園したら、恭湖の指導に力を入れねば!』と、再認識したママであった。b-ganba.gif




5つ数えなくても、

banner_03.gif

↑クリックしてくれてOKですよ。







posted by レインボーママ at 21:14 | Comment(6) | 子育て日記inノースカロライナ
この記事へのコメント
う〜ん。子供を育てるって大変な仕事ですよね。2人いると正直手が回らないこともあって将来が心配です。うちも耳が痛くなるような声で、NO!!MOMMY!!!とか語尾を思いっきり延ばして叫ばれます。負けてはいられないと思いつつこっちもいっしょになって怒鳴っても仕方ないので悩んでます。
Posted by ちい at 2006年08月24日 09:16
ちいさん、
正に『飴と鞭』の使い分けです。やさしくすると調子に乗るし、厳しくするとそっぽを向かれるし...

時々「わざとかしら?」と思うような事もあってギクッとします。そうかと思うと、『これってまだ“Terrible Two”が続いているのかしら?』と思うこともあります。どうなんでしょう!?
Posted by レインボーママ at 2006年08月24日 11:17
難しいですね。飴と鞭の使い分けって。うちは最初に飴ばっかりだったので今頃から鞭を多くしてますがダメですね。遅かったかもしれないです。

Terrible Twoって嫌ですよね。最近の日本では甘やかされすぎて大人になった人なんて一生Terrible Two見たいですよ。男性に多いので恭湖ちゃんは大丈夫ですよ。
Posted by ちい at 2006年08月24日 12:32
ちいさん、
私、良く思うんですが、アメリカの親御さんは、あまりお子さんを怒らないように感じるのですが、ラテン系の方はガンガンいきますよね。(なぜか、ラテン系の方といるとホッとします。)

パパにも、「あまり人前で怒ったり、スパンク(お尻ペンペン)すると捕まるよ。」と注意されました。『人前だからこそ、シッカリしつけなくちゃいけない!』と考えるのはおかしいのですかねぇ?
Posted by レインボーママ at 2006年08月24日 20:08
うちのパパはものすごいド田舎でお仕事しているんですが、そこの公園でお散歩してるときに息子4人連れたパパが何かに腹を立てて4歳ぐらいの子の頭をバシッと思いっきり叩いてました。白人の方でした。都会なら絶対他の人が走ってきて文句を言いそうですが田舎は見て見ない振りでした。やっぱり時代の流れなんですかね。(^_^;)遅れているところは昔のままかもしれないです。

日本の子供雑誌に付いてくるママ用の冊子を読むと、人前に出るためのしつけが多いですね。他の人に迷惑だからこうしちゃいけないとか。こっちでもマナーは大事だと思うんですがほとんどの人はうるさく言わないですね。ママ達に聞くと、うるさいのが子供だからって言いますね。
Posted by ちい at 2006年08月25日 21:01
やはり場所が変われば違うんですね。ラテン系の方は、ランドリーやお店でも聞き分けの無い子にビシビシやってました。(ちょっと怖かったけど。)

日本はどちらかというと、車社会のアメリカと違って外に出る事が多いんですよね。(電車・バスなど)だから余計に気を使うんですよね。でも、『うるさいのが子供だから』と言って、子供のいない方達に納得して頂けるのでしょうか!?なんか無責任な言い逃れに聞こえたりします...
Posted by レインボーママ at 2006年08月25日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。