9月27日(水) 


最近、恭湖姫は『日本語ムード』のようで、日本語を英語の会話の中でよく使うようになったみたいだ。

多分...





『ドラえもん』のお陰でしょう♪

以前、姫達が『日本語ムード』になったのは『それいけ!アンパンマン』でしたが、今回は、『ドラえもん』でした。鍊




驚いたのは、単語を拾ってはママに英語での意味を聞いてくることです。


恭湖姫:「ママ、『たすけて~。』って何?」
   のび太が良く使う単語ですね。(ドラえも~ん、たすけて~って。)


ママ:「『たすけて~。』は、『Help me』よ。」


ただ、困ったのは...
英語の『Help me.』は、『手伝って』的な意味あいも有り、日本語の『たすけて~。』に言い換えると...無理がある...事もある。


恭湖姫:「ママ、靴はくのたすけて~!」となる。蓮

ちょっとしたヘルプは『手伝って』だよ。と言っても...よくわから無いみたいです。(涙)



ところが...そんな恭湖姫ですが...最近、少し進歩が見え始めてきました!



今までは、お風呂に入ろうとタブに足を入れると、


恭湖姫:「ママ、お水、寒いよ。」(まだ助詞を使えません。汗)


ママ:「エーッお水冷たかった?ゴメンネ。」


恭湖姫:「ママ、アイスクリーム、寒いね!」


ママ:「恭ちゃん、それを言うなら『冷たい』でしょ。」


恭湖姫:「アッ、ゴッメーン。」(このフレーズをやたら使う。ママの真似かしら!?)




この『寒い』と『冷たい』が、英語だと『COLD』で済んでしまうからだと思うのですが...意味を英語で言うと、どっちも『COLD』になる為、ややこしいみたいです。輦



...が、何と今日は『寒い』と『冷たい』を使い分けたのです!!!(もしかすると、偶然かもしれない。まあ、どっちにしてもウレシイママであった。♪)



恭湖姫:「ママ、今朝は寒いから、タイツをはいたんだよね!」
(英語と日本語の混ざった会話でしたが、『寒い』は日本語で言いました!上級編の『寒かった』と過去形で言える日は来るのだろうか...)




日本語に興味を持った恭湖姫、たまにアメリカ人や他の国籍の方にも日本語で話しかけてしまう...
でもママが、『英語で話しなさい。』と言うと、ちゃんと英語に言い換える辺りは感動モノです。
...ママに、『英語で話しなさい。』と注意されても、家ではまた日本語で話しかけてくれるのも涙モノです♪



...ただ、知人が遊びに来た時の帰り際に、


恭湖姫:「いってらっしゃ~い漣」
...はチョット違うかな...ホンのちょっと...ね!?



これから恭湖姫が、どのくらい日本語力が伸びるか楽しみなママです♪




歩お姉ちゃんを迎えに行く前に、公園で一遊び。















『寒い』アイスクリームはイカガ?



応援クリック頂けるとウレシイです!