10月7日(土)  → 


今朝はかなり冷え込みました。
この分だと冬本番が来たらどうなってしまうんだろう...とビビってるママです。(カリフォルニアの気候に慣れたせいですね...)


今朝の歩姫は、大分調子が良くなって来たみたいです♪
それでも少し熱っぽい感じがしたので、予防の為お薬を飲ませておきました。早く良くなって欲しいと願うママです。




一方、今朝ママは...






恭湖姫の寝ぼけて放ったパンチで(グーで顔面にヒット!)







起こして頂きました。




でも、とっさにママが放った「イタイッ!」という言葉に、
あなたは、寝ぼけながら、





「ごめんなさい。ごめんなさい。」と、日本語で






パパに謝ってたよねぇ...
でも、痛かったのママだからね♪




さて、今日は久し振りにちょっとクッキングに関する記事を書こうと思います。



子供がファミリーメンバーになってから、グ――――――ンとファーストフードに足を運ぶ回数が増えたリーク家です。(汗)


でも、こちらのファーストフードの量はすごいですよねぇ。しかも、一家でコンボを頼むと、トレイ一杯が『フレンチフライの山』状態。


残すのも、気が引けるし...どうしようと思いながら、家に持ち帰ってみました。


普通は、一度フライにしたポテトは時間が経つとまずくなるので、持ち帰っても実際に食べる方は少ないかもしれません。
そこで、ママは、『何とか出来ないものか...』とフレンチポテトを見ながら考えました。


フッと頭をよぎったのは、Topz(ロサンゼルスにいた時に気に入っていたバーガーショップの1つです。残念ですがNCには御座いません...興味のある方はこちらのウェブサイトをどうぞ。)
このお店の目玉商品の1つにAero Friesというのがあって、確か油を2回くぐらせてカラッと揚げたようなそうでないような(違ってたら...許してね。)、そこでママは、揚げるのではなく、『オーブンで焼いてみよう!』と思い実行してみました。


ただオーブンで焼くのも芸が無い(!?)ので、少しミックスしてみました♪



★テイクアウトしたフレンチポテト
★ガーリックパウダー
★ドライハーブ(ローズマリーやバジルなど)
★好みによってお塩(お店によっては掛かっている事もありますので注意!)
★スパイシーがお好きな方は、カイエンペッパーや、微塵切りにした jalapeno pepperなど。
★オリーブオイル(適量)


1.まず、ボールにフレンチポテト以外の材料を入れ混ぜ混ぜします。
2.良く混ざったらフレンチポテトを足し、よーくポテトに1を馴染ませます。(必要であれば、オリーブオイルで調節して下さいね。)
3.2をオーブン用トレイに乗せ、400°F で焼きます。ポテトの量によっても違いますが、一度フライをしていますので5~10分で十分かと思います。(ちょくちょくチェックしてあげて下さい。)

**注意**
ママの使用しているオーブンは、トースターオーブンですので、アメリカ製の大きいオーブンでしたらもう少し時間が掛かるかもしれません。また、アメリカの大きいオーブンでしたら、初めにオーブンをプリヒートして置く事も忘れずに。(忘れると途方も無く時間が掛かってしまいます!)

<テクニック>
オーブンで焼いているポテトの片面が焼けたなと思ったら、オーブンをBroilにセットします。Broilは熱が上から直に当たりますので、いい具合に焼き目が付きます♪
(ただ直に焼きますので、オーブンから離れずにこまめにチェックしないと...焦げてしまいます。)


4.焼きあがったポテトをお皿に盛ってでっきあがり~。


ちょっとしたお酒のツマミやサイドディッシュ等にも活用できますよ♪




ここで、出来上がりの写真なんかがあると見栄えがするんでしょうが...







御座いません。(きっぱり。)

だって、昨日のリーク家の夕飯は『中華』でしたから。(アッハッハッは...)