10月28日(土) 


さて、GSM(グレートスモーキーマウンテン)に向けての旅の途中に寄った、『Chimney Rock Park』の続きです。(前回の記事は、こちらからどうぞ。)



無事にChimney Rockに到達でき、気が大きくなったリーク家一同!
そこで、小さいお子さんのいるファミリー向けの、Hickory Nut Falls Trailに行こうかとと相談開始。




ママ:「このトレイルは目的地にでかそうな滝があっておもしろそうだよ♪行ってみようよ!!」



歩姫・恭湖姫:「行こう!行こう!」



パパ:「...で、目的地までどの位かかるの...?」



ママ:「えーっとねぇ...45分から1時間...だって。ちょっとあるねぇ~。」




ちなみにこの時、時刻は午後5時。閉園が午後6時...。



ママは心の中で、姫達の歩くスピードを考えると、片道1時間で計算した方がいいわねぇ~。でもそうすると、着いたら...閉園の時間じゃない!?
あ~でも行ってみたいな―――――、Hickory Nut Fallsに!



ママ:「パパ、どうする?」



パパ:「1時間か...無理じゃない?第一、閉園になっちゃうよ。」



ママ・歩姫・恭湖姫:「でも行ってみたいの~。行ってみたいの~。」



パパ:「だって、ゲートを閉められたら...車で降りれないから...ここで一晩過ごす事になるんだよ。」





うーん、Chimney Rock Parkで野宿...ですか。








いやだよ―――――!!!!!





いや、待てよ。
もし、午後6時にゲートを通過できないようだったら、




事前に、窓口に連絡すれば...




待っててくれるのでは? ママって...







頭いいじゃん♪



...と、おバカな事を考えて、パパに提案。




ママ:「パパ、ねえ、戻れなさそうだったら、窓口に連絡すればいいよ♪」



パパ:「そうだなぁ。じゃあ、ちょっと行って見るか...!?」



ママ・歩姫・恭湖姫:「イエーイ!!レッツゴー―――――!!」




...しかし、この時リーク家は、パンフレットに書かれた窓口の営業時間が...






とっくに過ぎていることに気付いていなかった...。




しかも...かかる時間が片道ではなく、往復の時間である事も...気付いてなかった...ちょっとおバカなママ。蓮




ようやくトレイルにチャレンジする意を決めたリーク家、勇んで歩いていると、途中で小動物に遭遇(本当に小さくて、かわいかったです。)









ちょっと見ずらいかもしれませんが。何なんでしょうね?ネズミ...かな!?






さて、トレイルを歩き始めて半分くらいだったと思いますが、すれ違う人は、みな来た道を戻る組で、これから向かう人がいな~い。(当たり前か。)

しかも、少し風が出て来ました。


心配になったママは、




みんなに内緒で、パンフレットをこっそり見直しました。





...ら、この時、リーク家のおかした重大なミスを...発見!




窓口の営業時間は、午前8時半~午後4時半(東部時間)ではないか!
では、リーク家が入園した時点で...窓口はクローズ...されてた。



ママ、一気に動揺ムードに突入!



まずい。今、ママの発見を公開したら、メンバーから『袋ダタキ』に会いそうだ...。
何とか良い案を考えるのだ!...う~ん。







ないよ。





パンフレットに穴があくのではないか!?という位に見渡しましたよ。冷や汗かきながら...。



2分後...




見つけました!この窮地を救ってくれる言葉を♪



The Park closes at 6pm EST and 7pm dring Daylight Saving Time.

直訳は、公園は標準時間は午後6時に閉園、夏時間では午後7時に閉園です。




ママはこの瞬間、ブルッと体が...震えたよ。
しかし、閉園インフォの下に書いてあったのに、なぜ見落としてしまったのでしょう...浮かれてたからかしら!?



ママ:「パパ、今何気なくパンフレットを見たんだけど、夏時間は7時に閉園みたいだから十分間に合うよ!」



パパ:「...でも、今日は...標準時間に変わるんだよ...確か。」



ママ:「......



パパ:「まあ、何とかなるよ。」  ならない、ならない。by ママ。



ママ:「...アレッ!? パパ、標準時間って確か...夜中に変わるんだよ。」



パパ:「うん。だから今日でしょう!」



ママ:「あのう、夜中っていっても、午前2時だよ。正確には明日だよ。」



パパ:「エッ?そうだっけ?そんな時間に標準時間に戻っちゃうの?」


ママ:「......




パパよ、君は何年...





アメリカ人をやってるんだ―――!!





...ということで、リーク家の心配の種は無事に摘めました♪




姫達もがんばって歩いた甲斐があり、ついに滝をみる事が出来ました!!



















いざ目的地に着くと、まだ滝を楽しんでいるファミリーやカップルがいて、あんなに心配したママはなんだったんだ...と思った。

しかも、写真を撮っていたら、後から後から人が来る、来る。これからは、しっかりパンフレットを読もう!と心に誓ったママでした。







それではここで、



応援クリックプリーズ!