11月16日(木)のち


今朝は予報どうり、豪雨に見舞われました。


が、夕方になると晴れ間も見え、実に変な天気でした。



さて、今日は一日中大忙しでした嶺



と言うのも、実は我が家の愛車の登録が今月で切れてしまうので、急いでNC州に登録しようと今週の頭に某オートショップに車のチェックの予約を入れようと連絡をしたら、


オートショップ:「分かりました。○○年の△△モデルの車のインスペクションですね。もう、州のプレートはお持ちですか?」



ママ:「.........?????」
   「あの、州のプレートって...どういうことですか?」




オートショップ:「まだのようですね。それでしたら、DMVに問い合わせてもらって下さい。プレートが手に入り次第、連絡頂ければ、インスペクションをしますので。」




ママ:「......はあ...!?」





もしNC州のDMVシステムに慣れている方は、『当たり前』のプロセスだと思うのですが...




CA州のDMVシステムはこの正反対のプロセスを取るのです!!



まず、車を近くのショップへ持って行き、『スモッグチェック』なるものをパスしないと、




州への登録は出来ないのです!




これにはパパもママも







オッタマゲタね!





同じ国にいながら、州によって、本当に違うんだなぁ~と、ヒシヒシと感じました。



さて、DMVに行かねばということで、ウェブサイトにて持参しなければいけない物の確認をしていると、最初に目に飛び込んだ文が、





・NC州発行の免許証聯 聯 聯


実は、あの記事以来(あの記事はこちらからどうぞ。)、パパのスケジュールがかみ合わず、DMVに再訪出来なかったのであった...汗




ママ...焦ったね。



早速、パパに追い討ちをかけると、パパは...





DMVのシステム事態に怒ってた。




ママは、

この期におよんで、まだ人のせいにするとは、許せん!大体、あんたの忙しいスケジュールのせいで全てが遅れてんだよ――――!!と後ろからキーックをいれたかったが...ぐっとママはこらえたよ。




ママは顔の筋肉を整える事、7秒。



ママ:「パパ、で、どうする?」というと、



パパ:「仕方が無い、向こうの言う通り、住所を短く書き換えて免許証を手に入れるしかないな。時間も無いし...」



とおっしゃった。




オイオイ、






この間と話が...違うぞ―――――!!!





そんな事だったら、あたしゃー先月のうちに住所を書き直して免許証をゲットしてたよ。お前さんが「訴える」だぁ「ガバナーと話す!」だぁ「メディアに公開する!!」だぁ言ったから...待ってたんだよ。



でも、この会話も...毎回同じパターンだから、別にビックリはしないけどね。




という事で、尻すぼみ気の変わったパパは、今朝、書類を書き直して再度プリントしてた。



雨の中、恭湖姫同伴で行った、例のDMV
結構、ドキドキしたが、思いの他スムーズに免許証をゲットしてしまった。



一緒に行ったパパも筆記で3問ミスしての合格♪



...が、後々まで「勉強する時間が無かったからなぁ~。」「恭湖に試験中、邪魔されたからなぁ~」と3問ミスした事が、そうとう





許せないようです。




ママは目の検査では、「道路標識を言って下さい。」と言われたが(CA州ではアルファベットの大きさが大きいのから小さいのを答えたと思うが、こちらは同じ大きさのアルファベット道路標識を言わせられました。)



しかし、この道路標識が...



曲者であった。






標識の中が『顔なし』状態のものがあり、一瞬「!?」となって、それっきり思い出せない!





見かねた担当者が、



担当者:「ほら、子供が通る...」



ママ:「あっ、スクールゾーンね!」



担当者:「ほら、ゆずんなきゃいけない時...」



ママ:「あっ、道ゆずれってやつね♪」




と、助けて頂きました。(これからは、気を引き締めて運転したいと思いました。)





しかし、もっとビックリしたのは、







免許証を同日配布
であった。





確かカリフォルニアにいた時は、後日郵送されて来たような気がする。(もしかすると今は同日配布かも...)





あっけなくゲット出来た免許証にありがたみが半減したのが正直な感想ですね。でもウレシカッタけど。(変なママ。)




まだ少し時間があるので、パパは仕事に戻り、ママは歩姫のピックアップの後、車の登録の出来るDMVに行って来ました。(CA州のDMVは同じビルの中にそれぞれ部署が分かれていた気がするが...NC州は、免許証はこっちの住所へ、車の登録はあっちの住所へと全く別の住所へ行かないといけません。)




DMVに着いてママの番が来るのを待つ事10分くらい。
この間、何度姫達を注意した事か...練



やっとママの番が来て、係りの方に他州から来た事、車を登録しないといけない事を説明すると、持参した書類に目を通し、車のインフォをコンピューターに入力し、一連のプロセスが終わると、




係りの人:「はい、では○○○ドルになります。あと、書類にノータリー(第三者の認めのサイン!?)をしないといけないので5ドルは現金で。」



ママは、まさかこんなにスムーズに事が進むと思わずに行ったので、(情報をもらおうと行ったのだが。)いきなりの出費に...






目が飛んだぞ!!





しかし、支払いを済ませた瞬間に、他の係員が、







「そこから降りなさい!」
と恭湖姫を注意したのに...








もっとぶっ飛んだ。
(ガチャガチャの上によじ登っていたよ、アノ子は...怜)






支払いを済ませ、歩姫・恭湖姫を呼び寄せていると、担当者がNC州のライセンスプレートを差し出してくれた。
(しかも、右上に付ける『年』のステッカー付き♪ちなみに2007年11月まで有効。)




なんかママは、免許証ゲットよりこちらの方が...ありがたかった(笑)。



担当者は、

「車を早いうちに、インスペクトして、パス(合格)して下さい。」と言った。


ちょっと心配になったママは、


「もしパスできなかったら、どうなります?車の運転は出来ないのですか?」と聞いてみた。



すると、





さあ、どうなっちゃうのかしらねぇ。分からないわ。でも、あなたの車は比較的新しいからパス出来るんじゃない。」




と、DMVの社員に言われた。




ママは、DMVのあまりにいい加減な答えに呆れ、以前に電話したオートショップに聞いてみると、



オートショップ:「何か問題があった場合、ショップからDMVへ、30日の期限をもらえるよう書類を申請します。もし、30日以上かかるような場合は、再度申請しますが...あまりOKでませんねぇ。」



でした。



愛車は既に、



「Service Engine(確かこんなメッセージだったと思う)」のライトが点灯しているので、インスペクションの前にチェックをしなくちゃならず、これからが時間とマネーとの勝負です輦。





何はともあれ、NC州発行の免許証をゲット出来、NC州発行の車のライセンスプレートもゲット出来たので、ホットしております。




州が変わると、勝手が違って、本当に四苦八苦しているママです玲。
しかし、インスペクションをパスしていない車を、なぜ登録出来るのか...不思議です。






それでは恒例の、『ボチッ』をお願いします♪



応援クリックプリーズ!