本日2つ目の更新です♪


というのも...

つい今さっき、従業員のRさん&お子さん達がうちに現れ、『ストームの経路がそれたらしいので、Raleighは雨でおしまいだから、保護者(いわゆるママですね)がOKだったら、歩姫をお泊りさせれるよ。』との事!


これを聞いた歩姫の顔といったら...


ゆがみっぱなし!


どのくらいかというと...






このくらい




このどたん場での予定決行にぐずり始めた者一名。




そうです!このお方です。








どうして自分も参加したくてしょうがない。
ママがどんなに説明しても、Rさんが来週は恭ちゃんの番と説明しても、頭を縦に振ってくれず...

Rさんが、

Rさん:「じゃあ、恭湖は学校に行かなくていいから、明日はどう?」

と言った瞬間...散々ぐずってた恭湖姫...


目が輝き始めました烈


どうも、『来週』よりも『明日』の方が時間の感覚が判りやすいのでしょうか...


何はともあれ、一昨日バックパックに詰めたものは中のものを出していなかったのでそのまま持って、ママの車からチャイルドシートを取り出し、歩姫はママの視界から消えました。




『明日は自分の番』と判ったら、いきなりドアを閉めてあげたりとサービスしまくりの恭湖姫。   何てゲンキンなんだ











歩姫がウレシイのが何よりも判るのでOKしたママですが、いざ部屋に戻ってみると、急に淋しくなったような感じになっちゃいました。学校に通い始めた日と同じように...輦

これじゃあ、恭湖姫がPre-Kに行く様になったら...ママも仕事とかして淋しさを紛らわすしか無くなっちゃうかしら...ああ、姫達の母離れよりもママの子離れの方が...心配だぁ(苦笑)。


何はともあれ、大いに楽しんで来て欲しいです。

<おまけ>
Rさんが歩姫をチャイルドシートに乗せ終わり、ママに向かって

Rさん:「念のためにうちのハウスナンバーを書くわね。」
と言ったので、ママは、「ハウスナンバー?」ああ、きっと住所の事ね。もし何かあったら、歩姫をピックアップ出来る様にとでもいう事かしら!?と考えていると...Rさんが差し出した紙には7つの番号しか書いてなかった
そうです!『ハウスナンバー』とは電話番号の事だったんですね。


今まで電話番号といえば、『フォーンナンバー』や『コンタクトナンバー』だったので、『ハウスナンバー』は、ママのボキャブラリー集には存在しませんでした。いやいや、まだまだ覚える事はイッパイですね(汗)。




それでは、応援『ボチッ殮』宜しくお願いします♪