4月17日(火)

昨日ほどではないですが、外は風があります。

ちょっと朝から体調の優れない恭湖姫のリクエストで、今さっきパスタ入りスープを作っていました♪

最近リーク家は、ママがある本と出合って(出会わなかったら良かったとも思うが...)、我が家の『食生活見直し』を遂行しております!さっき、ブログ友達のちいさんのブログにお邪魔したら、ちいさんも『野菜を食べよう月間』にチャレンジしていると分かってビックリしました。(ちいさんの記事はこちら。)


さて、ママが出会ったその本とは、『Disease-Proof Your Child Feeding Kids Right』と言って、Dr.Fuhrman, M.D.(お医者さん)が書かれた本です(英語ですが)。
彼のウェブサイトもあるので、興味のある方はこちらをどうぞ。

いわゆる、子供を病気から守る為に何を食卓に出すべきか?という事が書かれた本なのですが...



食べれるものが...




ないじゃん!!



という感じです(苦笑)。
彼のコンセプトは、「食べる為に生きる。」のではなく、「生きる為に食べる。」という事。そのため、『お口に美味しいもの』より「体に美味しいもの」を食べなさいとうもの。

そして、食べて体に害の無いものはというと...



☆野菜
☆果物
☆豆類
☆木の実(ナッツ類)


食べていけないものは...

★牛乳
★卵
★チーズ
★肉
★お魚(海の汚染の関係で獲れた地域によってはOK)
★砂糖
★小麦粉ベースの食品...etc、イッパイあった...汗。


これって食べる楽しみが...ないじゃん!?と思ってしまいます。しかもお肉大好き人間のパパは...かなりしょげていた。


これはいわゆる、Vegan Dietと言われています。ベジタリアンの方との違いは、Vegan Dietは、卵・牛乳・チーズなど動物から摂れた食品をを完全に食さない事です。(ベジタリアンの方でも食さない方もいらっしゃると思いますが、これはあくまでも区別の基準としてです。)


**私達は、食べるものによって4つに区別されているそうです。**

1.Vegan-植物から出来たもののみを食する方。動物から出来た食品(卵、牛乳等)は全く食さない人。
2.Vegetarian-お肉を食べない方。人によっては卵や牛乳を食する方も含まれます。
3.Omnivorous-殆どの方がこれに属すると思いますが、動物&植物から出来たものを食する人。
4.Lacto-ovo Vegetarian-お肉全て・お魚を全く食べないが、卵などの動物から出来た食品は食する人。


完ぺきには本の薦め通りにいけないとしても、少しずつお野菜を主役にもっていければ...と考えております。そんな事が出来るのでしょうか???


さて、前置きはこのくらいにして、本題に入ります。
体調の悪い恭湖姫の為に、ヘルシーなスープをという事で、お野菜イッパイのスープを作りました。


=材料=

<野菜>
・セロリ1本
・ニンジン1本
・玉ねぎ1/2個
・赤ピーマン1/4個(注:こちらのピーマンは大きいので、日本のピーマンだと半分くらいです。)
・ニンニク1カケ(もしくはガーリックパウダー 小匙1)

<ハーブ>
・ドライオレガノ 1つまみ
・ドライバジル  1つまみ
・ドライベイリーブ 1枚
(お店によっては、イタリアンシーズニングが混ざったものが売っているので、買っておくと便利ですよ。)

<その他>
・油少々
・チキンブロス 1缶
・トマトもしくはトマトソースあるいはトマトの缶詰め(←オプションです。)


=作り方=

1.野菜を食べやすい大きさにカットして鍋に油を入れよく炒める。
2.野菜がいたまったら、ドライハーブとチキンブロスを鍋に入れ弱火でコトコト煮込む。トマト風の場合は、ここでトマト/トマトソース/トマトの缶詰めをいれて下さい。(量は少しずつ入れて調整して下さい。)

3.お野菜に火が完全に通ったら、出来上がりです。

**チキンブロスは、減塩のものもありますが、割高です。我が家では、オリジナルのチキンブロスをお水で薄めて使ってます。笑**


お好みで、出来上がったスープにパスタやインスタントのバーレー(Barley:大麦)等を足して召し上がっても美味しいです♪チキンブロスからいいダシが出ているので、うちの姫達は御代わりして2~3杯は飲んで!?食べて!?います♪










↑はパスタを足す前に、Barleyを少量入れたものです。



おきだした恭湖姫に食べて頂きました。





よほどお腹が空いていたのでしょうか...






モット入れろ!と、催促されました怜

恭ちゃん、元気になっとくれ~~~漣



それでは、本日も応援『ボチッ殮』宜しくお願いします♪