2007年05月23日

Screening-適性検査

5月22日(火)晴れ


この記事は、4月28日(土)に行われた恭湖姫のPre-Kに入れるかどうかを判断するスクリーニング(適性検査)のことを書きます。


確か、スクリーニングの通知が1週間前ぐらいにメールにて来ました。


ビックリしたのは、スクリーニングを土曜日に執り行う事。
平日かな?と思っていたママは、ちょっとビックリしました。


お姉ちゃんの行っている学校への入園なので、スクリーニングも見慣れたお姉ちゃんの学校で執り行われました。
(建物の中に入って行く事に何のためらいも無い恭湖姫...)




海外生活10+年でも、やはり日本人なのでしょうか...
アポ(午後1時)の15分ぐらい前に到着!


しかし、余裕を持って着いたことが...裏目に出たふらふら
恭湖姫&歩姫(週末なので、連れて行った)は、することが無い!!

仕方が無いので、お姉ちゃんに教えてもらった裏のプレイグランド(学校の)で遊ばせる事に。


あーだ、こーだしている内に15分は経ち、いざ会場へと向かうと...



恭湖姫、事もあろうに、



恭湖姫:「おしっこ


とおっしゃったb-gaaan.gif


なんでこんな時に限って行きたくなるわけ?????


とも思ったが、仕方が無い。担当の方に聞いてみようと近付くと、
見慣れたお顔の方が。


しかし...思い出せない。どなただったかしら?
向こうも、アレッ?と思ったようです。


しかし相手は先生、人の顔を覚えるのは上手ですね。


先生:「あら、あなた達。どうしたの?Pre-Kのスクリーニング?あなた達の事は知っているから、そこら辺で寛いでて。」



だって。



実はこの先生、毎日、歩姫をお迎えに向かう途中の正門の前で、バス通学のPre-K生達をバスに誘導していたのでした。
ほぼ毎日顔を合わせているので、直接は何の関係も無いのですが、“知り合い”という感覚です。


とりあえず、寛ぐよりおトイレ!と思い聞いてみたら、会場近くにあるトイレを使用してOKとの事。恭湖姫、用足し成功手(チョキ)


少し経つと、保護者&Pre-K志願者が現れはじめ、手続きを開始。



リーク家、何と!


1番ノリ♪


スクリーニングする先生が恭湖姫の手を取り、スクリーニング室でチェックをしている間、ママは渡された質問事項の書かれた書類に回答。


**質問は、子供がどの程度の理解力があるかというモノから健康に関するモノまで様々です。(色を5色言えるか?自分の名前を言えるか?右と左を理解できるか?片足でケンケンを5回出来るか?...等など。)**


回答した用紙を先生に戻し、恭湖姫が戻るのを待っていると、なぜか恭湖姫よりも後に連れて行かれた子供達が戻って来た。



???


先生が保護者と話しているのを、耳をダンボにして聞いていたママ(爆)。
どうも、英語を話さないお子さんのようで、コミュニケーションが取れないようですaicon_bbs13.gif


日本にいると、エーッと思われるかもしれませんが、こちらアメリカでは英語と同様にスペイン語が使われているので、スペイン語を話す両親の家庭で育った子供は、英語を話せない事があります。


去年、歩姫がキンダーに通うときも、ESL(英語が母国語でない人たちの為に用意された英語を学ぶプログラム)への参加の有無を聞かれました。(歩姫はESLの必要はなかったです。)



話は戻り、次々と保護者の手元に帰る子供達。


一向に戻ってこない恭湖姫。



さては、学校が気に入って「おうちに帰りたくな〜い。」と先生に駄々を捏ねているのか?

もしくは突然わめきだして手に追えなくなってしまったのか!?


...と、頭の中で色々な可能性を連想していたら、恭湖姫、無事帰還。
もちろん、最後の組でしたaicon_bbs13.gif


先生からのお話によると、5月の31日までに、何らかの連絡が保護者の元へ来るそうです。


あと少しで5月31日ですが、今のところ音沙汰なし。
ちょっとドキドキしております。


本人に聞いてみたら、片足ケンケンをしたり、質問に答えたりしたそうです


恭湖姫は、先生が聞いてもいない事をし出して、先生に止められた事が、すっごく不服だったようです。


やっぱり、マイペースだね、お前さんは。
きっと君の名前の横に、イエローカードが貼られたかもよ。


Pre-K入園許可が出るかとっても不安なママです。
どうなる事やら。




それでは、マイペースの恭湖姫に『ボチッバッド(下向き矢印)』宜しくお願いします♪


banner_03.gif

y05.gif






posted by レインボーママ at 00:58 | Comment(2) | Pre-Kの準備(恭湖)
この記事へのコメント
入園許可出るといいですね。
というか、恭湖ちゃんほどしっかりしていれば
大丈夫だと思うのですが…(笑)

言葉の問題は、日本の事情とは全く違うんでしょうね〜。
最近は外国の方も多く暮らしてますが
家族の誰かは日本語話してますもんね。
Posted by meg at 2007年05月24日 22:36
megさん、
どうなることでしょうか!?無事許可が出る事を期待しています。

こちらではスペイン語は強いですよ。かなりの割合で、英語の表示の下にスペイン語で表示されています。殆どのカスタマーサービス(電話)では、英語とスペイン語のどちらかを選べる様になっていますから!
でも、スペイン語と日本語の違いを把握し切れていない恭湖は、スーパーであった人に、「うちのママはスペイン語を話すんだ〜♪」とアナウンスしています。ママはいちいち「...日本語の間違えです...汗。」と訂正する羽目に(涙)。
Posted by レインボーママ at 2007年05月25日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。