6月20日(水)たりたり


ここの所忙しいのですが、その大きな理由は...


祝・歩姫、キンダー卒業!!


の為、6月8日から大型の夏休みに突入したからです。
(Year Roundの学校になる生徒さんの一部は短いブレイクとなりますが、歩姫の学校はYear RoundではなくTraditionalなので...なが~いお休みです。)


というわけで、恭湖姫+歩姫が我が家を占領し、毎日朝から夜まで近所のお友達と遊びまくり、ママは保護者なので、姫達がキャッキャッとしているのをただボーット見ているというあまり楽しくない生活をしております(苦笑)。


ちょっと話は変わりますが、このモーテル...



アパート化しているんですが...


ほぼ半分くらいの部屋が従業員の家族or長期滞在のファミリーで埋め尽くされています...爆笑。


それでは話をもどし、6月7日に執り行われた“ちょっとした”キンダー卒業式の記事を書きます♪


6月7日。
ママはかなり舞い上がってました。

だって、歩姫のキンダーガーデン卒業式なんですもの!
朝からなぜか、本人よりもママが落ち着きが無く(苦笑)、パパには何度も「保護者は2時に学校だからね!」と念を押したら、言い過ぎで嫌がられました。


さて、待ちに待った2時到来。
一家3人でキンダーに向かおうとしたら、いきなりパパは、


パパ:「腹へって死にそう。」


ママ:「エッ?」


パパ:「だって朝から何も食べてないんだよ!」


―しまった。歩姫の卒業式に舞い上がって餌やるのお昼の用意を忘れていた!!-


ママ:「恭ちゃん、お腹空いてる?」


恭湖姫:「うん。」


という事で、急いでバーガーショプでお昼を取りました(汗)。


―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*


軽くお昼を済ませ、急いで歩姫の学校に向かい、オフィスで外部者訪問帳に記録をし、Visitorステッカーを服に張って教室に向かいましたら...


リーク家、一番乗りみたい漣


行った時は、生徒達は教室の前のちょっとしたガーデンエリアでお勉強していたのですが、少ししたら教室に戻ったので、リーク家を始め2組ぐらいの保護者も教室へ。


中に入ってイスに腰を下ろして卒業式なるものを待っていたのですが、お姉ちゃんの学校にきてジッとしているわけが無い恭湖姫。






こんなことしたり、





こんな事をし始めました。





さて、2時過ぎたという事もあるし、保護者も揃ったかな?という事もあり(参加した保護者がものすごく少なかった...)、卒業式の始まり、始まり。


...と思いきや、先生と生徒が打ち合わせを始めました









最初にクラスで頑張って覚えたと言う歌の披露。
続いては手話で歌ってくれました。






お歌の後は先生から保護者へのメッセージ。

メッセージの後はいよいよ卒業証書の授与。





この1年間でキンダー生は、かなり“集団生活”を身に付けたように思いました。










頂いた証書です。





『Reading Certificate』読書のレベルが書かれた証書でした。(日本の卒業証書とはかなり違いますね。)





こちらはキンダーガーデン・アワードで、ノンフィクションの物語を書いたり、妹の事を書いたストーリーが良かったようで頂けました!


最後に先生が出したのは、パッチワークのような布。







実はこれ、生徒一人一人が参加して出来たものなのです!



物語を布に書いた生徒もいれば、絵を描いた生徒もいるのですが、先生が最後に1つにまとめたようです。


歩姫は、物語と絵で2つ参加。







ちょっと物語とはほど遠いのですが...






最後は自由行動になり、先生がスナックのジュースとポップコーンの準備をしていると、聞きなれた声が先生を呼んでいる。


恭湖姫、事もあろうに先生に向かって、

「先生!私のジュースが無いよ。」


と言い放った
恭湖姫の発言には慣れている歩姫の先生。
余分に用意していてくれていたので、恭湖姫が暴れる事は阻止出来たようです。


ジュースの配布が終わり、ポップコーンのいい香りがしてきたので、恭湖姫に「ポップコーンが出来たのかなぁ?」と言おうと向きを変えたら...



恭湖姫...






生徒に混じって列に並んでた









なぜか帰り際になって、こんなものをかぶって喜んでいた恭湖姫。






せっかく仲良しになったお友達ともお別れでちょっとブルーな歩姫ですが、G-1生になればもっとたくさんお友達が出来ると思うので頑張ってもらいたいと思います。


歩ちゃん、キンダーガーデン卒業、おめでとう!本当に良くがんばったね!!




それでは、歩姫へのお祝いの『ボチッ殮』宜しくお願いします♪