2006年02月24日

恭湖の困った癖 〜壁に落書き〜

おはようございます。

こちらは、朝の10時10分前です。

最近、恭湖の困った癖に泣かされております。もうやだ〜(悲しい顔)

...というのは、

“壁にお絵かき”です。一応、水性のクレヨンやペンを使わせているので、安心していたら
今度は鉛筆でのお絵かき。

水性のクレヨンやペンは濡れたタオルで簡単に取る事が出来るけど、鉛筆は消しゴムでごしごし取る以外に方法が無く、いい運動になっております。

昨夜は、ちょっとビデオテープ&DVDの整頓をしていると、いや〜な「音」がする。

最近は「音」を聞いただけで、何の音かもしくは、どうやって出来た音なのかが条件的に想像できる。という技が身に付いた。

案の定、しろーい壁にピカソの絵のように訳の分からん絵が...

ハッキリ言って、この家は“貸家”なので、綺麗な状態を保ちたいが、遊び盛りの2人にとっては、家もおもちゃになってしまうらしく困ったものだ。

やれやれ先が思いやられる。

しかしここまで頑張ってるママが痩せないのは、どうしてだ〜!ふらふら



posted by レインボーママ at 03:04 | ロサンゼルス ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月23日

ウレシイ小包。

ここの所、こちらカリフォルニアは、はっきりしない天気が続いており、半袖の服を着たかと思うと、あわてて暖炉の火をつけるといった具合です。

昨日は、実家からのウレシイ小包が届き、3人でワクワクしながら開けました。

母に頼んでおいた書類等と一緒に、子供達へのプレゼントも入っており歩も恭湖も喜んでおりました。

“どうも有り難うございました。”

2人は、大〜好きな、月刊誌“小学館の幼稚園”や“ベビーブック”の表紙を見た途端、開けたくて仕方なく、はさみを探し回っておりました。(紐で結んであったので)

早速、付録を作ろうと、張り切ったのはいいが、結構大人でも説明を読んで組み立てないと難しい内容のもので、結局、ママが奮闘の末、完成!るんるん

付録の一つである、お勉強ブックは歩のお気に入り。

鉛筆片手に、頑張っておりました。

字が読めなくても、質問の意図が分かるらしく、線で結ぶ問題やシールを使って字やアルファベットを完成させる問題は前全問正解しておりました。

ビックリしたのは、幼稚園の付録にちょっとしたDVDが入っていた事。

最近の付録は凝った物が多いけど、DVDが付くとは思いませんでした。

トータルで10〜15分だったと思いますが(もっとあったかな?)、なんとセサミストリートのエルモが英語の歌を紹介する時は、2人とも大はしゃぎ!

と言うのも、このエルモが話している言葉は、全て英語。(日本語の字幕つき)

言ってる事が分かってウレシイ半面、日本語のDVDに、何でエルモが出て来たのか、困惑してもおりました。

...早くもパパが不在の状態が1週間。

そんな時に受け取った、おじいちゃん・おばあちゃんからのプレゼントはとっても嬉しかったようです。

パパからの連絡によると、あと1〜2週間で一時家に戻れるようです。

それまで、親子3人ガンバネバ!わーい(嬉しい顔)

 Kyoko.jpg     Ayumi.jpg



Kyoko at bathroom.jpg




posted by レインボーママ at 07:55 | ロサンゼルス ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月20日

親子3人(パパ抜き)の週末。

こんばんわ。(只今午後8時過ぎです。)

家族3人無事夕飯を終え、ちょっと空いた時間にタイプしております。

ここの所、アンパンマンのテープのお陰で、子供達の日本語力が、数段アップしてきたように感じます。

「アンパンマン!どうも有り難う。」

しかし、コマーシャルに出てくるアンパンマン・グッズにはちょっと困っています。

子供は、国が違っても同じ反応をします。

「ママー。私もアンパンマンのOOが欲しい〜。」などなど。

日本で暮らしていても、物によっては高価で買えない事だってあるのに、ましてここアメリカで買ってと言われてもキツイです。もうやだ〜(悲しい顔)

先日、スーパーにて買い物をしていたら、珍しく下の子・恭湖が“おねだり”をしてきて、返答を考えていたら、すかさず長女・歩は「家では、そんな物を買える余裕はないの!」とピッシャリと言っておりました。しかも英語で。

人があまり居なかったので助かりましたが、結構はずかしかったな〜。

以来、「買えない。高い。」の英語での使用は控えております。ふらふら

夕方になって3人ともお腹が空き、かといって作るのもメンドクサイ日曜日の夕飯。

みんなの意見一致で中華(チャイニーズ)に決定!

その前に、我が家の老犬の餌も買っておこう!とお店に行き、レジで待っていたら、

次女・恭湖は、「ママ、私のミリオンダラーあげようか?」

...? 

そっとポケットから取り出した物は、

“おもちゃのバスの整理券”

...。

「ママ、恭湖チャンのミリオンダラーが無くても大丈夫よ。」

と言うと、大切にバスの整理券をポケットに収めた恭湖であった。

なぜか、生まれた時から、お金・マネーに異様なくらい興味がある恭湖であった。


posted by レインボーママ at 13:25 | ロサンゼルス ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月16日

バレンタインデー...だった。

おはようございます。

子供達はまだ寝ているので、このうちにとパソコンに向かっております。

昨日は朝からドタバタしておりました。と言うのも、パパの東海岸・ノースカロライナ州への出張が決まったのです。しかも次の日“バレンタインデー”の日に。失恋

先週金曜日に、「行く事になるかもしれない。」と言っていたので、「な〜んだまだ確定じゃないんだ。」とたかをくくっていたら日曜日に既に現地にいるパートナーから「おいで。おいで。」コール。

前日(月曜日)は、ほぼ家族全員で午前2時まで持ち物のチェック。(子供は興奮して「別に自分達が行くのでもないのに」ベットに行きませんでした。)

お昼過ぎのフライトに向け朝8時起床。飛行機

眠気を取る為、パパのいれてくれたコーヒーを飲み、何とか状況を把握してきたママ。

荷物を車に積め、後は子供たちを詰めるだけ。

午前10時、眠い子供達の“寝た格好のまま”洋服のチェンジ。この段階で、子供達は大体目が覚め始めます。

午前10時半ごろ、近所の空港に向けて出発! ...しかし、パパは時間が無くて買えなかった物があり、急遽、空港近くのお店で用足し。

午前11時半頃、空港に着き、パパを降ろして家に戻る。

うちに着くと、みんなまだ眠くて、ちょっとの間ポカ〜ンとしていました。

午後2時くらいになったら「ピンポ〜ン」とベルの音。

・・・?

ドアを開けるとフェデックスのお兄ちゃんが立っている。小包と一緒に。「Are you Suzuki?」という事からして、私宛ての荷物のようだ。プレゼント

一応サインして、小包を受け取り、よーく見ると、送り主がお店で誰からかよく分からない。

「まさか、開けたら爆弾が...テロかしら。爆弾何で家の住所知ってんの?」などと一瞬バカな事を考えてしまいました。(相当疲れていたのかも。)

包みを開けると何と可愛いバラの花束が!カードには“愛する夫より”と書いてありました。揺れるハート

そうです。昨日はバレンタインデーだったのです。前日まで覚えておいたのに、朝からのバタバタで、すっかり忘れていたのでした。ふらふら

夕方からは3人で借りてきたテープ(子供達の大好きな「アンパンマン」)を見てすごし、午後9時過ぎに、パパの携帯に電話でお花のお礼を言いました。(東部時間午前0時過ぎに、現地に到着予定だったので。)電話

結構疲れた一日でした。


posted by レインボーママ at 04:14 | ロサンゼルス 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月14日

姉妹喧嘩

こんにちは。

今さっき子供達と自転車(もちろん補助付き)で近所をグルッと回って帰ってきた所です。晴れ

今日は、昨日家で起こったショッキングな事件についてお話します。

昨日(現地は日曜日)の午後にいつもの如く、歩ちゃんと恭湖ちゃんは一緒にお部屋で遊んでおりました。

すると、いきなり恭湖のシクシク泣く声が聞こえ始め、10秒後に歩が泣き叫び始めました。“いつもの姉妹喧嘩の時とちょっと違う”と感じ子供部屋に向かうと、ちょうど歩が私の所へ走って来ました。

−近くで見ると、なんと歩の唇から“血”らしきものが出ている。しかもチョット膨れている。

急いで消毒し、氷を当てて止血させ、落ち着いてきた歩と恭湖に事情を聞くと、いう事を聞かない恭湖を無理やり(多分)思いどうりにしようとして小突き始めたらしい。

「やめて」と言っても止めない歩の小突きに頭にきた恭湖は、とっさに歩の下唇を噛んでしまった。というのが、大体のあらすじみたいです。

少しの間、痛がっていた歩も、パパにお薬をつけてもらい、やっと笑えるようになりました。

恭湖にはこんな癖は無かったのに...がく〜(落胆した顔)

以前は、託児所で、友達に噛まれてしまう方だっただけにショックは大きく、人を噛むのは良くないと言って聞かせました。守ってくれる事を祈っております。

今朝、歩が起きてきた時にチェックしたら、膨れた様子も無くなんとか大丈夫みたいです。

ちょっとした間に起きたこの事件、パパもママもショックは大きかったです。


posted by レインボーママ at 08:39 | ロサンゼルス ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月10日

簡単シュガークッキーを作っちゃいました。

こんにちわ。

今日はちょっとだるくて公園に行くのも億劫なので、3人でお勉強会をしちゃいました。

歩のお誕生日に買ってあげた「キティーちゃんのなぞなぞカルタ」を久し振りに出してきて、3人でテーブルにバ〜ッとばらまいて、準備万端。

「なぞなぞ」などと言う高度なレベルのものは出来ないので、答えの単語だけ読んで(しかし2人は“ひらがな”もあまり分かっていない。)その後から、英語で読んであげました。

最初にこのカルタで遊んだ時、恭湖は途中から違う事をして参加拒否したのに、今回は結構楽しんで遊んでいました。

2人共最近は、知ってる単語が増えてきたと見え、日本語で読んであげると、すぐにその単語の“絵”を探す事もあり、英語で訳す回数が減ったようです。いわゆる、単語を聞いて、字ではなくて絵を探す作業のようです。

まあ、覚えてくれているだけありがたいです。

ゲームの後の、おやつの時間は、以前買った「混ぜればいい」だけのシュガークッキーのミックスに初挑戦。

最初に焼いたクッキーはチョットオーブンに入れすぎで、かりんとうのような硬さ。ふらふら

気を取り直して、再度挑戦。パンチ

今度はクッキーの上にカラフルなデコレーションを追加。(子供達に頼まれて。)

今回は、早目にオーブンから出しておいたのでバッチリ!ハートたち(複数ハート)

2人共おいしそうに食べてくれました。(私にはチョット甘かったけど。)
パパが帰ってきたら、すぐになくなるでしょう。(それまでにあればの話だが...)

ここの所、デジカメにハマッてます。今日もしっかり撮りました。

Ayumi eating cookie.jpg     Kyoko holding cookie.jpg   

おいしそうにパクッ。 

Kyoko eating cookie.jpg

歩ちゃんのリクエストでクッキーと一緒に“パシャッ”

Ayumi with cookies.jpg

恭ちゃんもクッキーと一緒に“パシャッ”

Kyoko with cookie.jpg

なんだかんだいって、結構楽しんだ一日でした。




posted by レインボーママ at 09:10 | ロサンゼルス ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月08日

大きい公園で「パシャッ」

本日は昨日より風が無く、とっても過ごしやすい日和でした。晴れ

なぜか子供達は朝からドレスなんぞを選んで着ていました。しかもノースリーブで!「ちょっと寒いんじゃな〜い?」と聞くと「寒くない」と日本語で返答の歩。(ここの所、日本語を意識して使っているせいか、子供達の日本語が少しずつ形になって来たようでうれしい限りです。)

朝、日記を書くつもりが、シーサーのメインテナンスの為アクセス不可。

お昼を食べていると、子供達は「大きい公園にいきた〜い!」とリクエスト。もしや、お外に行く為にめかし込んだのかしら?などと詮索したくなるような姫達の行動。

特にする事も無かったので、デジカメ片手に大きい公園へと出発!るんるん
今回は、2人のリクエストでDuckの餌用にパンとクラッカーを持参。

大きい公園とはBalboa Parkです。すごく大きくて、色々なレクリエーションが楽しめます。この公園は、他の小さな公園と違い日が暮れると、公園を閉めます。夏などは、週末は必ず、誰かがBBQをしています。
結構“お誕生パーティー”に使っている人も多いようです。

Overall pic at Balboa Park.jpg


いつものようにブランコに乗れてゴキゲンの恭湖。後ろを押すのも疲れてきたので、恭湖と交渉10分。何とか他の物で遊んでくれました。ダッシュ(走り出すさま)


Ayumi & Kyoko at Balboa Park.jpg   

Ayumi swinging.jpg




最後に、約束どうり、Duck達に餌をあげました。Kyoko with Ducks 12-12-05 (15).jpg   

Ayumi with Ducks.jpg



すると、池の前にあったベンチに座ったママと女の子が日本語を話しているように感じたので、声をかけてみたら、案の定、日本の方でした。“It's A Small World!(世の中狭い。)”と思いました。

あちらも、私達と同様Duckと遊んだら家に帰る予定だったらしいのですが、突然出来たお友達に、3人共帰る状態じゃなくなり、今日もシッカリ2時間近く遊んできました。

帰り際に恭湖はあちらのママに「バイバイ」の挨拶とBig Hugをしていました。ビックリしながらも向こうの方は、「今日は遊んでくれてアリガトウ。」というと、恭湖は「どういたしまして。」と返していました。あせあせ(飛び散る汗)

恭ちゃん、もっともっとイッパイイッパイ日本語覚えようね!黒ハート


posted by レインボーママ at 16:04 | ロサンゼルス ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月07日

チョットしょげたライブ。

おはようございます。こちらは月曜日の朝10時ちょいです。

今日も朝から日が差しているので、暑くなりそうです。

以前にも書いたと思いますが、土曜日に、地元の日系コミュニティーセンターにて“中国のニューイヤーを祝う”催しが行われました。

関係者だけの事もあり、参加者は100人くらいでしょうか。

お昼前からバンドはサウンドチェック開始。

午後4時くらいでしょうか、一旦解散し、5時〜5時半に再集合。

5時半にもなるとボチボチ人が入り始め、あっという間に会場は一杯になってしまいました。

やはり、ヨシコサン(President)の言うとうり、高齢者の割合がだんとつでした。しかし、こんなに日本人(日系人)の方々がこの地域に住んでいるとは思いませんでした。

代表者の挨拶、三味線での演奏、カラオケ、子供達の歌の発表会、くじ引き...と思っていたより内容が濃いのにビックリしました。

いよいよラストはバンドの演奏。

...と思いきや、席を立って退場する方々がでてきました。「エッ!うそ。オヒラキ?」なんて思っているうちに、バンドは演奏スタート。

最初1曲は、まあいいかな。しかし、2曲目にはいるとテンポの乱れがひしひしと伝わり始めました。

−実はこのバンド、ベースがいないのです。苦肉の策で、ギター演奏者がテープにベースを録音してその音を頼りに他のメンバーは演奏しているのでした。ふらふら

3曲目からはボーカルが入り、何とかいくか。と思いきや、“んっ?なにこれ〜”リハーサルの時と音が違う!

ボーカルの音が割れている!色々考えて、ボードを操作してみるが、酷い。酷すぎる。仕方が無いので、ボーカルのボリュームを落とす事でその場をしのぎました。

バンドによる演奏終了後、案の定、年配の方に指摘されてしまいました。「ボーカルが聞こえなかったよ。」と。がく〜(落胆した顔)

メンバー各々反省点ばかり浮き彫りになったライブでした。もうやだ〜(悲しい顔)

まあ、いつもいいことばかりじゃない。という事ですね。



posted by レインボーママ at 03:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月04日

近くの公園にてイッパイ「パシャッ」

暑いです。

2月に入って少しなのに、今日は本当に暑かったです。
家に居る時はそんなに暑く感じなかったので、子供達と一緒に長袖にジーンズでいたけれど、午後になって、「公園でも行く?」ということで車で近くの公園に行きました。

この公園は一応“レクリエーションセンター”ということもあり、テニスコートや、野球グランド(そんなに大きくないので、子供用でしょう。)なども備えてあるものです。しかし、チョット先に行くとこの公園なんかより数倍でかい公園があるので、子供達とママの間ではこの近所の公園を(公園じゃないが)「小さい公園」と呼んでいます。

こんな感じです。「小さい公園は」

Reseda rec ctr overall.jpg


Ayumi&Kyoko at Park.jpg     Reseda rec ctr overall 1.jpg

今回も前回同様、あまり人気は無かったので恭湖は“ブランコ”の独り占めが出来、嬉しそうでした。しかし長袖を着てきたのはハズレでした。3人ともチョット汗で火照って来てしまいました。

Kyoko-Swing.jpg


こっちの公園の子供用遊び場は大体下が砂地か、木の細かくした物を敷き詰めて子供たちを保護しているようです。始めてみた時は「わあ〜海岸にいるみたい!」なんてのんきな事を思ったが、実は結構親にとっては大変だったりする。

子供の周りについて安全を確認するが、子供たちが全速力で走っていくのを後から砂地を追っかけるのは至難の業でもある。とくに、こっちに来てから「イイ体格」になった私にとっては。ちっ(怒った顔)

でも疲れるのは子供も同じようで、恭湖は砂の上でオネムのポーズを取っていた。あまりにも珍しいショットだったので、カメラに“パシャッ!”。

Kyoko sleeping on the sand.jpg     Kyoko Close shot.jpg

帰る前に、裏にある池にてお友達と“パシャッ”しました。

リスと“パシャッ”

Kyoko with Squirrel.jpg     Squirrel on the tree.jpg

ダック達と“パシャッ”

Ayumi at Pond.jpg     Ducks on the pond.jpg


何だかんだと、2時間近く遊んできました。“今日こそ定時にベットに入ってくれるかしら...”

Ayumi at park.jpg     Kyoko drinking water.jpg     

Ayumi on the glass.jpg







posted by レインボーママ at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年02月02日

ちょっと嬉しかったこと!ウフッ

おはようございます。

家の姫達はまだ寝ておりますので、今のうちにとタイプしております。

昨日は天気が良かったので、子供達と一緒に近所の公園へ行きました。
2人共公園が大好きなので一生懸命お昼ご飯を食べておりました。(ご飯食べないとパワーが出ないから公園に連れてってあげないよ。と言っておいたので...効果がありました!)

公園についてみると平日ということもあってガラ−ンガラ−ン。いわゆる“貸切り”状態でした。次女・恭湖は案の定、“ブランコ”に直進!長女・歩も続いてブランコへ。結構楽しんでくれていました。

少し経つと、ポツリポツリと親子の姿が現れ、ワイワイ賑やかになって来ました。

少し経つと、歩が見ている私の方へ来て「ママ、何であの人たち私のことを見るの?」と訊いて来ました。エッ?と思いよーく見ると、ご年配の夫婦が(多分お孫さんだと思う)かわいい男の子2人と一緒にいて、そのうちの小さい方が、ちょうど歩の遊んでいる近くで遊んでいたのでした。

「歩を見ていたんじゃなくて、小さい男の子を見ているんだよ。」と説明してあげました。

ブランコに飽きた2人は持参してきたボールで遊ぼうとするが上手にドリブルが出来ず、ボールはコロコロと老夫婦の方へ。

おじいちゃんは、早速ドリブルを子供達にご披露してくれましたが、子供達は凍ってしまいました。ちっ(怒った顔)(ビックリしたのでしょう。2人とも、すぐに滑り台の方に駆けて行ってしまいました。)

ボールをとりにいくと、老夫婦は私に、「お宅のお嬢さん達がかわいくてずーっと見ていたのよ!」と言ってくれました。いや〜親バカ丸出しだけど、“おせいじでも、うれしかったです。”でも、少し照れくさくもあったけど...るんるん

わたしは老夫婦はてっきり、お孫さん達を見ていると思ったから、歩に間違った説明をしてしまったけど、人の視線を無意識に感じ取った歩にまたしてもビックリさせられてしまいました。

お陰で、昨日はとってもハッピーな気分になれました。(結構乗りやすいタイプのママです。)



posted by レインボーママ at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月30日

一途な心

こちらは日曜日の午後です。

先週イーベイオークションに出品した、要らなくなったバシネット(赤ちゃん用ゆりかご)が無事落札したので、日中はパパと一緒にせっせと荷造りをしておりました。結構大きいので大変でした。

荷造りが落ち着き、パパは、かねてから予定していた車のシートの付け替えを家ちの前で始め、私は荷造りで散らかったリビングのお掃除開始。

...20分位したらパパに呼ばれて見てみると、裏庭で遊んでいるはずの2人が前の通りで遊んでいるではないか。(小さい通りで、あまり車の行き来はないが、それでも心臓がドキドキしてしまいました。)“裏庭で遊ぶよう何回も言って聞かせたのに...”

早速2人を呼び<タイム・アウト=自室で反省>を実行。

2人で子供部屋で静かにしているので、ホッとしていたら、いきなり2人で私の所に来ました。お姉ちゃんの歩は「ママ、ゴメンナサイ。」と言って差し出した紙。

ん?と思い開いてみると(紙は幾重にもたたまれていた。)なんと、反省文ならず反省絵でした。上手に描いた絵を私にくれました。下の子・恭湖は小さいながらも一生懸命がんばった“ぬりえ”を見せてくれました。

こんなに小さい子供でも“自分達のした事によってパパやママを心配させた。”ことに対して反省し、“パパやママの機嫌を直してもらおう。”と考えた一途な気持ちがヒシヒシと伝わり言葉を失ってしまいました。ただただギュッと抱きしめてあげました。子供って本当に繊細な心の持ち主なんですね。

...あれから10分後、歩は私の所に来て、「ママ、恭湖が大変。」という。何事かと思いパソコンが置いてある部屋から出ると(この日記をタイプしていたもので。)なんと、懲りずに表に出た恭湖がパパに叱られているではないか。ふらふら本当に懲りない恭湖でした。どうなる事やら...

残りあと少しの週末、無事過ごせる事を祈りつつ、今日はこの辺で。



posted by レインボーママ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月28日

納豆モード脱出の次女・恭湖

こんにちわ。こちらはお昼過ぎです。

ようやく家の次女・恭湖が納豆以外のものを要求してきたのでホッとしました。実はうちの恭湖はある日突然お腹が“納豆モード”になるようで、朝から晩まで納豆を見ると口を開けます。

ちなみに今週はず〜と納豆でした。納豆さんお勤めご苦労さん! どういうわけか、違うものをあげても、ちゃっかり自分で冷蔵庫から納豆パックを持ってきてしまいます。トホホ...ふらふら

以前、私が働いていた時は、仕事の関係で遅番か夜勤のシフトを週5日こなしていました。その時には、パパが子供達の世話をしてくれていたのですが、うちのパパは納豆が大の苦手!

(子供が生まれる前は、気を使って、パパが食後にテレビを見ているときに急いで納豆を食べてました。しかも、出来るだけ遠くで。)

しかし、子供達は、パパの好みはそっちのけで平気で納豆を要求してきたそうです。かわいそうなパパでした。パパその節はアリガトウね。

まあ何はともあれ、恭湖の食事モードが元に戻ってやれやれでした。

それでは今日もステキな一日になるように頑張りましょう!


posted by レインボーママ at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月27日

場所が変わればイロイロ..

おはようございます。

こちらは、すがすがしい朝です。(現在朝9時20分)寒くなくちょうどいいかな。


話は変わって、恭湖の目の下のアザは昨夜の観察では、紫→チョット黄色がかった紫と変化していました。痛くも無いそぶりなので、この分だと自然に治る事でしょう。良かった。良かった。かわいい

さて、今日はタイトルにも書いたように、日米の動物の鳴き声の比較を書いてみようと思います。

 子供が居なかった頃は、あまりこのトピックは興味が無かったのでしたが、子供というのは、本当に動物が好きですよね。うちの子供たちは特に“ファーム(農場)”にいる動物達が大好きです。家には結構、ファーム系の本やらテープやらワンサカしています。お国が変わると泣き方もいろいろです。

まず、牛(cow)ですが、意外な事にこれは同じで、「モー」“Moo−moo”です。

次は、馬(horse) ですが、「ヒヒーン」と日本ではなりますが、こちらでは“Neigh〜”(ネ〜)です。

お次は、ブタ(pig) ですが、「ブーブー」と日本で言いますが、こちらでは“Oink, Oink”(オインク,オインク)です。

続いては、ニワトリですが、私の記憶では、あまりオンドリ・メンドリでは区別なく「コケコッコ」と日本ではいったと思いますが(違ってたらゴメンナサイ)こちらではオンドリは“Cock-A-Doodle-Doo”(カッカドゥ−ドゥドゥ)で、メンドリは、“Cluck, Cluck, Cluck”(クワッ,クワッ,クワッ)となります。

色々あって、おもしろいでしょ。始めは、子供達に発音するのに違和感がありましたが、慣れるとどうってことはなんですね。逆に、子供達にとって、日本の泣き方の方が“Weird!”(変。奇妙。)と言われてしまいます。...そうかな?

それでは皆様。ステキな一日をお過ごし下さいませ。黒ハート


posted by レインボーママ at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月25日

ヘンテコな日本語

おはようございます。と言っても、もうお昼近くですが。

最近、子供達は(特に次女の恭湖)日本語と英語の違いが何となく分かって来たようです。お姉ちゃんの歩はよく「〜って日本語でなんていうの?」と聞いてくることもあったので感心していましたが、どうやら恭湖も分かってきたみたいです。親としては嬉しい限りです。ハイ。るんるん

夜、寝る前にチョット前までよくせがまれていた本が、あいさつに関する本でした。寝る前は「あやすみなさい」朝起きたら「おはようございます」人と会ったら「こんにちわ」などなど...結構楽しいみたいで、ママの後について言っておりました。

...先日、知り合いの人が、仕事帰りに用事の為、家よっていきました。(この方はアメリカ人ですが、日本語をよく理解されております。やはり、ご主人が日本の方だからでしょう。)

色々と話し込んでしまい、あっという間に彼女のご主人の帰宅時間になってしまいました。

それではまた。という雰囲気になりや否や、次女の恭湖は「いってらっしゃ〜い!」と元気良くごあいさつ。

一瞬、恭湖が何語をしゃべっているのか分からずポカ〜ンとした後に、大笑いしてしまいました。子供達は人が去る=いってらっしゃ〜い。の方式が出来上がっていた様子。

今度からは、説明する時にもっと詳しい内容を含めてあげようと反省してしまいました。



posted by レインボーママ at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月24日

お転婆“恭湖”にできたアザ。

早いもので、もう一週間の始まり!今朝は、外を見ると強い風が吹いていてとても寒そうでした。
ふと、日本の事を考えてみたりしました。(今年の冬は厳しいみたいですね。)

チョット風邪が落ち着いたら子供達と自転車で散歩でもしようかと思っていたが、無理そう。これでは2人とも飛ばされてしまうかも。

話は変わって、次女の恭湖ですが、昨日ベットに入る前に明かりの下で顔をみたら、どこで出来たのか右目の下あたりが、うっすら紫色になっている。

触ると痛がるので止めたけど大丈夫かな。長女の歩が言うには、歩が閉めようとしたドアにぶつかって来て出来た。との事。

今日も少し跡が残っているが、本人は別に痛くない様子。ちょっとホッとしたママでした。(と言うのも、こちらの国では、子供が不振なアザでもあると、ひどい時は、近所の人や他人でも警察に“幼児虐待”で通報するらしいから、お転婆の恭湖にはハラハラさせられっぱなしだ。)参った参ったあせあせ(飛び散る汗)

パパは、イーベイオークションにちょっとはまって来たみたいです。なんといったって、ただで手に入れた物がオークションに出すとお金になる。(と言っても、500〜600円かな)この調子でガンガン稼いで欲しいものです。ハイ。手(チョキ)

<歩・恭湖のマイブーム!>
家の姫君達は一日に三回は必ず「シンディーローパーのDVDが見たい!」と催促してくる。どうも、2人の間でうけています...何か違う気がする。るんるん


posted by レインボーママ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月19日

ちょっとダウン気味のアユちゃん。

今朝から、異様に甘えてくる長女・歩が気になり、何の気なしに、おでこに手を当てたら、チョット違う。

急いで体温を測ると、微熱があるみたいだ。横にさせ、好きなDVD(何と“シンディーローパー”のミュージックDVDをリクエストされた。)をかけていたら段々とウトウトしてきたのか寝てしまった。

もう少ししたら、またチェックしてみよう。

お姉ちゃんが寝ているとつまんないのが次女・恭湖である。必要以上に奇声をあげ、私を困らせて、注意をひこうとする。困った者だ。ちっ(怒った顔)

昨日、パパがイーベイにてゲットしたDVD+VHSのコンボのレコーダーが届き、やっと家にあるVHSをDVDに録画して、整頓出来る!と張り切っていただけに恭湖の行動が気になる。しかも、最初に試みた私達の結婚式のテープが知り切れトンボで終わっている事に気付き落ち込んでしまった。

事もあろうに、新郎・新婦がデュエットで歌っている途中でいきなり巻き戻しモードは無いでしょ。きっと、ダビングしてくれたお母さんはテープの時間を計算していなかったのであろう。「オー・マイ・ガット!」

こうなったら、オリジナルを意地でも探さなくちゃ!(お母さん曰く、こっちに送ったとの事。私もそんな感じがするが、ここ5年で引越ししたかと思うとまた引越しで、荷物がごちゃごちゃになってしまっていたのであった。物によっては、まだ段ボール箱にはいっている物さえある状態。) ふらふら

パパが気付く前にガンバッテ、オリジナルを探そう!


結果報告をお楽しみに。あせあせ(飛び散る汗)
続きがあるよ〜ん。クリックすると読めます。


posted by レインボーママ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月18日

姉妹でも寝かたは色々...

 チョット前から、家の姫達は遅い“お昼寝”をしております。

おかしいのは、お姉ちゃんの歩は、暖炉の前でスヤスヤとzzz...

一方、下の子の恭湖は、しっかりと自分のベッドで布団をかぶってスヤスヤ....本当に個人差があります家の子は。

 本日は、少しブログに“挑戦”してみようと、RSS Radio・Podcastと言うものにちょっとトライしましたが、はっきり言って「分かりません」。だんだんとやればやるほど、ややこしくなって来てしまい、ちょっと休憩。

どなたか、度素人の私に分かるように、教えて頂けませんでしょうか?ダウンロードをしても全く違ったページやメッセージが出てきて困っております。

 ちょっと休憩と、メールを開けると、ゴーグル社からAdSenseの申し込みが承認されたとの事!やったね〜一発合格だ!早速、アカウントを開始して、検索機能をブログに付けてみました。まあ、これからが大変なんだろうな。ガンバリたいと思います。

 今回の一発合格には、mitsuyaさんの無料リポートのアドバイスのお陰です!もしご興味のある方は、こちらをどうぞ。http://mag-zou.com/report_get.cgi?id=m0000151231&n=m0000173155


 さて。外も暗くなってきたし、夕飯のメニューはどうしようかなあ。


posted by レインボーママ at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月17日

だいぶ遅くなったツリーの片付け〜クリスマスツリーさんご苦労様でした〜

 今日はこちらは、祝日と言う事もあり、かねてからしたかった“クリスマスツリー”のお片づけを、やっと実行出来ました。

 例年だと、年明け最初の週に片付けてしますのですが、去年・今年と長女-歩の希望で、歩のお誕生日の後にする。と言う事になってしまったからです。
 
 我が家で使用しているツリーは、本物の木ではないので、いつまで飾っておいても悪くはならないのが良いところ。

ご近所さんの、買ってきたモミの木が新年最初のゴミ回収日に出ているのを見て、ちょっと悲しくなった事から、我が家では買うのを止めました。

もう、このツリーを7〜8年は愛用しておりますが、子供の参加により随分と、ダメージが目に付いてきました。

今回のツリーの飾りつけは、恭湖が壊してしまう事を考えて、ツリー上部の恭湖の手の届かないところに置いたので、ちょっと滑稽でした。上部だけがキラビヤカで下部がなんとも淋しい...実にヘンテコなツリーとなってしまった。クリスマス

 クリスマスツリーさん、
   今年のクリスマスの時も宜しくお願い致します!

 (いけるかな?今年もこのツリーで...)

 


posted by レインボーママ at 08:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月16日

パパの作ったバースデーケーキ!<真心を包んだケーキ>

昨夜は、かねてから長女・歩と約束していた“お誕生日のお祝い”を決行!本当は今月12日が誕生日だったんだけど、今年は平日だった為、週末に延ばしました。

 パパがバンドの練習から帰宅。さてと、ケーキの購入をと立ち上がると、歩は「ケーキを作ろう!」と。

 ...私は自慢じゃないが、料理はそこそこ作れても、お菓子作りは結構苦手だったりする。私自身、甘いものが苦手な方だからだ。ふらふら

 「パパと作れば?」と切り替えすママに、「うん。そうする。ね!パパ、ケーキ作ろう!」との返事。パパがケーキを???

 歩の問いかけに「材料はあるの?」と、軽く訊いてくる。たらーっ(汗)調べた結果、足らないものは、恭湖とママの“買出し班”がゲットする事に!

 買出しが終わり、パパと子供達はキッチンでなにやら始まった。

 −30分ぐらい経ったら、い〜い香りがリビングにも届いてき始めた。“パパも結構やるじゃん”と思い、キッチンに行くと...
 一瞬、何が起こったのか分からなくなってしまった位あれていたがく〜(落胆した顔) 冷静に、冷静にと自分に言い聞かせながらも結局、爆発!爆弾してしまいました。

 ケーキのデコレーションまで来て、歩は注文していた“バニラ味”をしきりに探している。

 ...ある訳が無い......パパは自分の好きなチョコレート味に変身させていたのだから

落ち込んだパパは自室に篭り、ママが仕上げをする事に。

チョット、チョコの味見をすると...甘い。甘すぎる。
(本当にアメリカ人は甘党です。)全てへらで削り取り、失敗気味の“チョコレート風味のホイップクリーム”で上からカバー。

一応、歩もこのクリームには異議なしとの事。何とか、無事に終了したようです。皆でケーキを食べた(スポンジはとってもおいしかったです!)後に、前に一緒に買ったプレゼントの本を見て、ご機嫌の歩でした。揺れるハート

Ayumi blowing candles.jpg




posted by レインボーママ at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て日記in カリフォルニア

2006年01月15日

イタいの、イタいの、飛んでいけ〜!

こんにちは。こちらは土曜日です。しかも、めずらしく“雨”が降っております。

パパは来月の本番に向けて「バンドの練習」に出て行きました。

...実は昨日、“大丈夫だろう”と思っていた会社から「不採用」の通知、物凄くショックでした。もうやだ〜(悲しい顔)

面接では自分で言うのもなんだが“よく出来た”と思っていたからね。しかし、こちらの日系の会社は必ずと言っていいほど、子供がいると知ると根掘り葉掘り聞いて来る。そんなに心配なのかしら?とにかくこうなったら、いっその事「自宅で出来る何かをしよう!」と思い、「一体私に何が出来るか」と「傷心を癒す」ために子供を連れて近くの公園へ。

次女の“恭湖”はなぜか「ブランコ」しか興味が無い。(いつもです。)長女の“歩”は友達が作りたくて、いつも狙った子の近くで、しきりにアプローチをかけて、なかなか社交的です。

結構遊んでくたびれてきた様子なので、お家に帰ろうかと話していた所、事件は起きた。

あいていたブランコを見つけた恭湖が、チョット触っていたら(自分では乗れない高さの幼児用ブランコでしたので。)近くで遊んでいた女の子がいきなり現れ、取り合いに!

いきなり現れた女の子にビックリした恭湖は手を緩め、呆然としていると、女の子はいきなり恭湖に“平手打ち”。不意の、痛みに大泣きの恭湖でした。

でも、私がすっごく嬉しかったのは、恭湖は女の子に“叩き返さなかった”事。いつもの調子で、お姉ちゃんにやるように、叩き返すだろうとおもっていた私の読みを見事に覆してくれました。

恭湖をギュッと抱きしめて、慰めながら、「恭ちゃん、よくやり返さなかったね。エライヨ。ママ恭チャンのこと尊敬しちゃう!」と言いました。そしたら、恭湖は「叩くのは悪いことだから!イタイイタイだもん。」と。

子供と言うのは本当に親の知らないところで日々成長しているものなんだと、つくづく思いました。

恭湖の強さを目の当たりにしたママは、もっとシッカリしなくちゃ。落ち込んでる場合じゃないぞ!と言う気になりました。

...ただ未だに分からないのが、恭湖は思いっきり転んだあとで、「あー危なかった。もうチョットでイタイイタイだ!気をつけなきゃ。」...恭湖よ、あなたは既にイタイイタイでしょ。ふらふら


posted by レインボーママ at 06:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て日記in カリフォルニア


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。