2006年08月13日

思いがけない展開

...前回の更新から3ヶ月近くたってしまいました。ふらふら


さて、土地のゲットに成功した私達ですが、『水』なる難題にぶつかりました。(前回までのストーリーは、こちら。)


どうしよう。どうしようと悩んだり、何か解決策はないか?と考えてみたりの日々でした。


と、そんなある日、ふと『あるニュース』を耳にしたのです。

それは、




“家の所有している土地の近く一体が、大手建設会社により、開発されるらしい!”


何でも、200〜300世帯の住宅を建設予定との事。


もし、家の土地付近だったらお水のラインを引いてもらえるかしらexclamation×2
などと甘〜い考えを持ち始める2人。


しかし、





家の近所でも、ちょっと遠い近所だった。がく〜(落胆した顔)



パパの調べによると、当時は地域の反対で随分モメました。(テレビでも取り上げられたくらいです。)


土地をチェックに行くたびに、顔見知りの方達は『建設反対』を熱く語りました。私達2人は心の中では『建設によってお水が貰えないかな〜。』などと淡い下心を持っていましたが、地域の方の前では、「本当にプライバシーが無くなって困りますよね!!」と言ってみたりもした。(正に“本音と建前”ですね。)主人なんかは、『oooの自然を守れ!』なるステッカーをトラックの後ろに貼っていた...がく〜(落胆した顔)


私達って『仮面をかぶった夫婦かしら?』。


そんなある日、私達の耳に入ったニュース!



大手建設会社の大型住宅建設計画が市の承認を得る。 


(当時予定していた300+戸より市の提案する200+戸案を受け入れた事により合意を得た模様です。)


ハッキリ言って複雑な気持ちでした。お水を引けるかもしれないというウレシイ気持ちと同時に、子供の安全を考えて不便でもチョット山の中にあるこの土地を買ったのに、この建設により安全でなくなるのでは...という気持ちが交差しました。



まあ、成り行きを見守るしかないんですけどね。

主人の説明では、大型(一戸建て)住宅地を建設をする場合、郡の規定により、


・非難ルートの確立。
・トラフィック回避の為、道幅の狭い所は少なくとも片側一車線の確保。

...等々が必須条件だそうです。


しかし、近所の方の話では、家の土地のある場所は、開発地区から外れる為、殆どなんら影響がないらしい...でした。がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)
それじゃあ『お水ゲット』の計画が〜〜〜〜〜無し?もうやだ〜(悲しい顔)みたいです。





ところが、ある日、主人は市の水道局に勤めていらっしゃる知人の方から意外な話しを聞きました。




次回は、『小さな希望』と、出来れば現在までに至る過程を書ければと思っております。お楽しみに!!るんるん







posted by レインボーママ at 00:09 | Comment(2) | どうなる夢のマイホーム!

2006年05月26日

行き止まり...

(前回から随分と時間がたってしまいました。)

...さて、やっと念願の土地を手に入れた2人。

夢のマイホームを建設に向けて色々と調べ始めました。まず2人で計画していた事は、

・ドーム型の家を建てる事。
・ソーラーシステム設置により全ての電力のカバー
・水は地下水からまかなう。

と、出来る限り自分達でまかなえるよう削れる物は削る。というのがコンセプト。

まず、購入した土地がちょっと町から山の方にあり、またドライな土質から、地下水は断念。
最悪な事に水道管が来ていない。向かいのお家はむき出しの水道管が山を突っ切って来ている。所々に「この管にさわるな!」と書き記したサインが張ってある。

きくと、家の持ち主の先代が買った時に既に、こういう状態だったそう。(チョット怖い)

電気と電話の線は来ているので問題ない。

市の水道局に管を引いたらどの位かかるか見積もりを出してもらうと、驚きの金額。

これじゃ家が1軒買えちゃうよ。くらいしました。

ある日、主人が土地の周りを巡回していると、家の土地より上の方に、昔、井戸があったらしい形跡があるとの事。この発見は、真っ暗闇に1つの光が見えた様なほど嬉しかったです。

早速、主人は井戸を掘っている会社に連絡して見積もりを取ろうとすると、電話した会社(3件ぐらい)全てが、私達の所有する場所を知った途端、「No.」と言って来る。

電話した会社の中で1つ、親切な担当者が理由を説明してくれた。

理由というのは、その土地にある地下水は大手の会社が所有していて、そこから最終的に市民に配給されているとの事。

また、用途が用途なだけに、いくら自分の土地の下の水だろうが、井戸を掘る許可が下りないとの事。(何かの間違いで不純物が混じると大変な事になる事から。)

...絶句。

またしても大きな壁にぶつかった私達夫婦。夢のマイホーム建設は一体どうなってしまうのでしょう???

次回は「思いがけない展開編」です。お楽しみに!



posted by レインボーママ at 02:34 | Comment(2) | TrackBack(4) | どうなる夢のマイホーム!

2006年01月20日

「夢のマイホーム建築」に向けて計画建て直し!

...さて、前回から時間が経ってしまいましたが。続きいってみましょう。

2人でやむなく手放した最初の家。その代償に得たものが、大きいうちと会社の通勤にゆうに2.5時間はかかる事。(しかも車だから大変!)当初の計画では移ったエリアのローカルの会社で働くはずだったが、中々うまくいかず断念。

産休も終わり、会社に復帰してからは、家族の団欒はほぼナシに等しい。

朝は5時半起床。時計夜は8時9時、日によっては10時に帰宅。帰宅後、1〜2時間以内に夕飯・子供の入浴・子供の次の日のお弁当作りを完了と、次々とこなさなければいけない。

はっきり言って疲れました。自分にエールを送りたい!るんるん

...話はちょっと脱線しましたが、ある日、2人でじっくり話し合い(それまでは話し合う時間さえなかった。。。)でた結論は、「もう一度、マイホーム建築の夢に向けて、一から出直そう。」でした。

2人で検討した結果、2人になじみのある土地に戻る事に決め、まずは住むところを探し始めました。それから1年後に、住んでいた家を売りに出し、会社の近くにあった貸家に引越し。
本格的に夢のマイホームに向けて再スタート!手(チョキ)

引越しから1年は本当に“土地”探しにくれました。
週末は車で、土地めぐりツアーをしました。そして、やっと見つけた土地。

なんと、一番最初に買ったうちの近くでした。回りまわって、元の位置に戻ったという感じです。あせあせ(飛び散る汗)何はともあれ、ようやく再スタートにこぎつける事が出来たには出来たのですが...


次回は夢のマイホーム建築“Dead End”(行き止まり)編をお伝えします。お楽しみに。と言っても内容的に楽しくないか...ふらふら



posted by レインボーママ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | どうなる夢のマイホーム!

2006年01月14日

夢のマイホーム建築に向けて、“はじめの一歩!”

私が主人と知り合ってから初めて持った共通の“夢”が「自分のお城を持つ事」でした。

そんな時に、2人の友人であるWさん夫婦と一緒に見たあるビデオ。家
 
このビデオは、なんと「自分の家を自分で建てた」方達を紹介しているビデオでした。ある方は、要らなくなった車のタイヤを積み重ねて頑丈な柱とし、膨大な数のタイヤで創られた“家”は鮮明に私の頭にインプットされました。

 私がこのビデオをみて一番惹かれたのは、「ドーム型(円形)の家」の紹介でした。耐震性に優れるこの“建物”はまさに、ここカリフォルニアには打って付け!

ご興味がある方はこちらのウェブサイトをご覧下さい。(全て英語ですが、見るだけでも面白いかもしれませんよ。)ちなみに私達のプランは“Giant Sequoia”です。http://www.domehome.com/

 ...月日が流れる中、2人の夢は時折薄れはしましたが、どうにか続行。最初に2人で考えた計画は、1ベッドルームのアパートから小さい家でもいいから土地がある物件を購入。

そして、念願のドーム型の家を建てよう!何とか物件を購入し、さあ、これから!というときに、主人の、キャリアチェンジ・長女“歩”の出産。と目まぐるしく状況が変わって行きました。また、主人の仕事の関係で一家で地域へと引越し、家は他の人に貸すことになりました。

色々な要因を考慮し、やっと手に入れた“家”を手放すことにしました。今思えば、このときの私達は、きっと人生で一番辛い時期だったのではないでしょうか。その代わりに、お互い学んだ物も大きかったように思います。

 ...こんなわけで、最初の一歩は、あっけなく幕を閉じてしまいました。アハハハ...バッド(下向き矢印) 

 次回は、「夢のマイホーム建設計画」立て直し編!をご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!るんるん



posted by レインボーママ at 05:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | どうなる夢のマイホーム!

2006年01月07日

2人で見た夢のマイホームの建設。

夢のマイホームの建設...
私達夫婦は、結婚当初に持った共通の“夢”。それは、「人とは違った家を自分達で建てる!」でした。ムード

...それから早、10年が過ぎてしまった。ふらふら

思い返すと、この10年はマイホームの建設に向けて、少しずつではありますが、近づいて来たかな?と思います。これまでの過程・今後の進歩をこのブログでお伝えして行きたいと思います。どうぞお楽しみに!!


posted by レインボーママ at 08:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | どうなる夢のマイホーム!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。