2006年08月05日

ママの小さな夢『2006年・夏』

8月5日(金)晴れ

今日も暑いです。(なんかこのフレーズで毎回始まっているような気がする...このブログ。)


我が家は、本当に『旅行』『お出かけ』『行楽』と言った言葉から縁が遠いです。なぜかパパはあまり興味が無いみたい。
まあ、遊びに行って、姫達に振り回されて、疲れて帰ってくるだけなのですからしょうがないと言ったらそれまでですが。

ママはどちらかというと、外に出るのが好きな方ですので、どうしても何か『計画』を建てたくてムズムズしてます。るんるん


特にこの前、某バーガーショップであるクーポン券をゲットしてからは!
(ドライブスル-で宣伝を見て、従業員にお願いして頂きました。)わーい(嬉しい顔)

そのクーポン券は、


Wet'n Wild Emerald Pointeの割引券!


ただ単に写真を見て“楽しそうだった”だけなのですが。

参考までにWet'n Wildのホームページはこちらです。

場所はGreensboro。ハッキリ言って券見たときは、「Greensboroってどこじゃ?」と思いました。(地理が不得意なママです。)


期待しないでパパに提案してみました所、「いいんじゃない。」と答えにならぬ答えが返って来た。(あんたのスケジュール次第なんだよ!!)ちっ(怒った顔)

今の生活パターンを見ていると、歩のキンダー入園前の『家族の思い出作り』は無理でしょう。絶対に。


Wet'n Wildのホームページを歩・恭湖・ママで眺めてはため息をついております。もうやだ〜(悲しい顔) 



姫達よ!結婚する時は『お仕事をホドホドにする男性を見つけて下さい!』


リーク家は平日が7日です...それにしても2006年リーク家の夏の思い出が「七夕・お盆フェスティバル」では悲しすぎる...しかも3-4時間ポッキリだったし。もうやだ〜(悲しい顔)





平日が7日もあるリーク家に

banner_03.gif

ボチッとお願いします!




posted by レインボーママ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ママのひとり言

2006年07月27日

パパ夜中に走る!?

7月26日(水)晴れ

昨日の雨とは打って変わり、イイお天気です。るんるん

昨日は姫達自体は別に書く事が無く、一日平凡に過ぎていった...


...が、夜中にパパの携帯がなり、平凡が非平凡化した。



携帯にでたパパは「オーマイガット!」を発した。


...なんかヤバそう。まさか、ホテルが火事で燃えてるとか...どんっ(衝撃)


相手との会話が終わるや否や、「チョットホテルへ行って来る。」とパパ立ち去る。

(ちなみにりーく家は、一同夜型の為もうやだ〜(悲しい顔)携帯が鳴ったときも、ワイワイガヤガヤやってました。)


益々、ママの好奇心は高まり眠気も吹っ飛んでしまった。その後、HBO2で放送していた映画を見てパパの帰宅を待つ事に。


パパが飛び出していってから1-2時間後、パパ無事帰宅。(当たり前だが、疲れてそう。)


一体何が「オーマイガット」なのか、パパに聞いたら、


...話はチョットさかのぼって、先週末。


パパの勤務している某ホテルではバイク愛好家による超大型のパーティーが開かれました。(予約時には400人ぐらいと言っていたのに、土曜日には2500人はいたと予想される。)


姫達と一緒にモーテルの窓から窺ったママ。あまりの車の量に、パーキングスペースを取られるのではないかという事で、週末は家に篭っておりました。(実際、ホテルのパーキングからモーテルのパーキングに流れた客が続出し、パーキングはビッシリ埋まりました。)


そんな忙しい土曜日の夜、10-11時位だったと思う。姫達とテレビを見ていると、男性のわめき声が聞こえてきた。


あ〜あパーティーの客が喧嘩を始めたのかな?確かにバイカーってチョット怖いし、喧嘩っぱやそうだしね〜などと思い、外を見ると、




...exclamation&question



パトカーが4台ぐらい停まっている。



もしや、薬(ドラッグ)も絡んでるのかしら?などと、いきなり探偵ごっこを始めるママ。


好奇心の塊の姫達に、とびっきり怖い作り話をして、お外に出ないよう促すママ。



...時間は過ぎ、夜中の1時半近く、パパ帰宅。早速、警察の一件を聞いてみると、


「あ〜あれは、うちの従業員がホテルのロビーで喧嘩始めちゃってさー...」


がく〜(落胆した顔)なんっつうホテルじゃ!客の前で喧嘩してどうなる!?と突っ込みたい気持ちを抑え、パパの話を聞くママ。


何が原因かは分からないが、ホテル勤務の男性Aさんとモーテル勤務の男性Mさんは、ヒョンな事から言い争いになる。

争いを知りきれトンボ状態で、ホテルの外に向かったAさんに腹を立てたMさんが、追いかけ殴り合いに発展した模様。(オーコワ!)

警察の仲裁もあり、その場は何とか収まる。(従業員には謹慎1日が言い渡された。)



話は戻って、昨夜。

Aさんはホテルで勤務中。
フロントデスクにAさんあてに3回電話が入るが、そのうちの一人はMさんからのもの。あいにく、Aさんは3回とも電話に出る事が出来なかった。


夜遅く、スーツを着た黒人の男性がホテルに来る。フロントデスクに自動販売機のある場所を聞く。

たまたまかどうかは分からないが、Aさんが近くにいて会話を聞いていたので、エスコートをかってでた。


自販機付近に来ると、男はいきなりAさんに「この間はうちの子をかわいがってくれくれたそうじゃないか。」と言ってきたそう。

Aさんは男性の手が拳銃に向かうのを素早く察知して、とっさに男にパンチを決め、一目散に走ってホテルを出た。

恐怖のあまり、Aさんは走りながら母親に携帯から連絡し、母親はパパに通報。(母親もホテル勤務の為、パパとは顔なじみ。)


パパが、ホテルに着くと、男は既に立ち去った模様。

警察に通報し、現在、男が乗っていたと思われる赤のトラックを追跡中。
と同時に、Mさんもこの事件に関与した疑いがあるので、追って事情聴取をするとの事。


まるで映画のワンシーンのようでしょ。そんな事がお隣のホテルであったんですね。本当に怖いです。

パパ曰く、「Mさんが勤務中は姫達を近付けないようにしたほうがイイ。」との事。

ママもそう思うのですが、Mさんは恭湖のお気に入りで“Best Friend!”だったりするのですもうやだ〜(悲しい顔)

...そんなに悪そうには見えないが、見たからに女性に好かれるタイプには見える。(ソフトで優しい感じ。)

まだ、事件との関連がハッキリしていないので、おもむろに避ける事も気が引けるママですが、結果が“黒”と出たら大変なので注意はしておこうと思いました。


しかし、どこで何が起こるか本当に分かりませんね!



チョット寒くなったママに

banner_03.gif

ブチッとよろしく!




posted by レインボーママ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ママのひとり言

2006年07月13日

ちょっとイメチェン!

7月12日(水)晴れ

今日なぜか自分のブログを見ていてハッとした。

まさに『個性が無い』のである。

昔はよく『個性あるね。』とか『人と違うよね。』とか言われていたママ。

ちょっと考えた末、あまりHTMLの知識は無いが、自分なりにほんのちょっと変えてみました。

ほんのチョットの変化をつけるのに結構時間が掛かりました。ダッシュ(走り出すさま)
でもこの“イメチェン”...ちょっとはまりそうです。

これからもちょっとずつイメチェンしていこうかと思いました。


こんなママで良かったら

banner_03.gif

ブチッとお願いします!




posted by レインボーママ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ママのひとり言

2006年06月26日

散々だった週末

土曜日・日曜日と結構嫌な事が度重なってしまった。

まずは土曜日。
午後3時にシンディーのドクターアポがあるので、パパが“姫達の子守り”をするはずだった。(その為にわざわざアポを週末にしたのである。)犬

...泣き叫ぶ恭湖。すぐにGive upするパパ。
パパが面倒を見れないんじゃ仕方が無い。恭湖を連れてアポへと向かう。

土曜日という事もあってか、混んでいました。
最悪なのが、この病院はペットショップの店舗内にあり、行き来が出来る状態の為、受付の列に並んでいても、恭湖はすぐにペットショップに行ってしまう。(ハッキリ言ってこれが困るからパパに子守を頼んだのである。)

家のパパは結構子供と接するのが下手みたいです。スーパーに行った時なんかは、子供達が車の中で寝てしまったのを見て、「俺が子供を見てるから買い物すましてきな。」というので不安はあったがママ一人で買い物を済ませて戻ってくると...

寝起きにママが居ないので泣き喚く恭湖をなだめれないパパが居た。しかも恭湖に腹を立てていた。
あまりに怒ってたのか、買った物をトランクに入れるのを手伝ってもくれない。片手でカートを押さえ、もう片方の手で車に詰めるママ。ジュースなどの重い物は一苦労である。
みかねた通りすがりの男性が重い物を詰めている間カートを押さえていてくれました。
それでもパパは運転席に座って泣きじゃくる恭湖を無視しておりました。
ママはプッツン切れましたが。爆弾

話はちょっと脱線しましたが...
ドクターがシンディー簡単なチェックをした結果、問題無しと言う事でした。その後、爪の手入れをし終了。

アシスタントの人が来た時に気になっていた事を聞いてみた。
「どうやってシンディーをWake Countyに登録するか。」(ネットで調べたが何も出てこなかったのである。)
アシスタントの方は親切にも登録用紙を渡してくれ、必要事項を書いて、登録料7ドル(Wake Countyの金額です。)の小切手を渡せば病院からCountyへ申請してくれると言うのです。

うるさい恭湖をなだめつつ、用紙に必要事項を書き、小切手をきりアシスタントに渡すと、「狂犬病の予防接種は?」と聞かれ、「日付けは覚えてないが、前回のアポの時に証明書を提出したのでチェックして頂けます?」とちょっと図々しくも聞いてみた。
するとアシスタントの人は「証明書?」「狂犬病予防接種のタグナンバーは?」と聞いてきた。
「タグナンバー?何ですかそれ。」と、トンチンカンな質問をしてしまった。

...その後の2人の会話を要約すると、
シンディーはカリフォルニアの病院にて狂犬病の予防接種を去年受け、2008年までカバーされております。
しかし、ノースカロライナ州の規定では、「ノースカロライナの病院等以外で受けた狂犬病予防接種は無効。つまりペットの登録が出来ない。」そうです。
結構馬鹿げた規定です。何処で受けようと注射は注射でしょう!?
このタグナンバーもきっとノースカロライナ州内のみで発行している物だと思います。(多分)
そこでチョット割り切れなかったので、「じゃあ、注射の関係で登録しなかったらペナルティーになる訳?」と聞いてみると、誰一人として返答出来無かった。
別にシンディーの体に害は無いので、1本余計に打ってもらっても良かったのだが、(ちなみに17ドルです。)あまりの矛盾にママは意地でも打つものかと病院を出ました。

お次は日曜日。
お話の発端は、金曜日からです。
兼ねてからパパと話していたのは、「モーテルに住むには限界がある。やっぱり、どこかユックリ出来る場所を探そう。」という事でした。

そこで、不動産発行の売り家の案内を見ていたら、1つの物件が2人の興味をそそった。先週は近くをドライブして近所の確認。(結構いい感じ。)

早速、金曜日にウェブサイトにてツアーの希望のメールを打ち、担当者のボイスメールにメッセージを残し、待つことに。

...返事なし。
土曜日の朝に、もう一度ボイスメールにメッセージを残してみる。
...返事なし。

シンディーのアポから帰宅すると、パパが「明日の午後5時に物件を見せてくれるって。」との事。
よ〜く聞いてみると、ママがメッセージを残した後に、パパもメッセージを残したのでした。

...すると3時間も経たない間に、担当者から電話があったそう。
パパが電話で担当者に何でママのメッセージに返答しなかったと聞くと、電話番号が聞き取りにくかった。だって。パパもママも同じ電話からかけていたので、そんなはずは無いのである。とっさのウソがバレバレである。

カリフォルニアの多人種の混ざり合った州と違って、ノースカロライナは白人の割合が非常に多い州でもあり、他人種に対して閉鎖的な所があるように感じました。この不動産の担当者にしても、ママの英語の発音できっと「アメリカ人ではない。」→「ちょっと放って置こう。」となったのであろう。

何はともあれ、パパのお陰でアポが取れたのでよしとしよう。

...と喜んだのもつかの間。

来ないのである。担当者が。5時4分頃について待つこと1時間。しかもザーッザーッ雨が降ってきた。
待っている間にも幾度と無くメッセージを残したが(もちろんパパが!)レスポンスなし。子供達もつまらないのか、ぐずつき始め収集が付かなくなってきたので、結局断念。

しかし、いい加減な対応が通ってしまうのだからビックリである。パパは「担当者に電話してみる。」と言っていたので、今度はどんな言い訳が出て来るか楽しみである。(もう怒りを通り越しました。)

カリフォルニア育ちの一家がノースカロライナで上手くやっていけるか不安になって来たママであった...



不安なママに

banner_03.gif

応援のブチッを!




posted by レインボーママ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ママのひとり言


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。